HOME > BOOK >

『イギリスの社会福祉と政策研究――イギリスモデルの持続と変化』

平岡 公一 20030915 ミネルヴァ書房,358p


このHP経由で購入すると寄付されます

平岡 公一 20030915 『イギリスの社会福祉と政策研究――イギリスモデルの持続と変化』,ミネルヴァ書房,358p. ISBN-10: 4623036928 ISBN-13: 978-4623036929 \3780 [amazon][kinokuniya] ※ su.

■広告

内容(「BOOK」データベースより)

わが国の制度改革に影響を及ぼしたコミュニティケア改革の背景やその帰結を解明するとともに、家族政策、福祉多元化の動向など、80年代以降の政策展開を多面的に分析。制度改革をめぐる政策論議に一石を投じた普遍主義論をはじめ、イギリスの政策研究に関する論考も収録。一貫して社会福祉政策論に取り組んできた著者初の単著。

内容(「MARC」データベースより)

日本の制度改革に影響を及ぼしたコミュニティケア改革の背景やその帰結を解明するとともに、家族政策、福祉多元化の動向など、80年代以降の政策展開を多面的に分析。普遍主義論、イギリスの政策研究に関する論考も収録。

■目次 ■引用

第10章 普遍主義‐選別主義論の再検討――イギリス・日本の政策展開との関連で

 →選別主義・普遍主義
 「本章では、資力調査という用語を、フローとしての所得の調査とストックとしての資産の調査の双方を含む意味で用いる。イギリスでもこのような用語法が一般的であるが、前者をincome test、後者を(狭義の)means testと区別する場合もある。なお、歴史的には、資力調査が「ニード・テスト」と呼ばれていたことがあり、また、今日でも資力調査がそのままニードのテストになる場合もありうるが、ここでは、資力調査がそのままニードのテストにはなりえないという前提で議論を進める。」(平岡[2003:266])
■言及
 「★02○平岡は普遍主義の定義に三つをあげており、そのうちの第三の定義「給付・サービスの受給に際して個別的な資力調査を行わなければならない場合のみを「個別主義」、その必要がない場合を「普遍主義」とする定義」(平岡[1991:69][2003:237]、引かれるのはTitmuss[1968=1971:140])が妥当であるとする。平岡の論の一部を批判する里見[2002:75]もこれを採用している。」(立岩[])
UP: 20090110 REV: 20100308 樋口 也寸志
平岡 公一  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME(http://www.arsvi.com)