HOME > BOOK >

『健康への欲望と“安らぎ”』

森下 直貴 20030829 青木書店,220p.

last update:20101220

このHP経由で購入すると寄付されます

■森下 直貴 20030829 『健康への欲望と“安らぎ”』,青木書店,220p. ISBN-10:4250203255 ISBN-13:978-4250203251 220p. ISBN-10:4250203255 ISBN-13:978-4250203251 \2310 [amazon][kinokuniya] p02 ※

■内容

内容(「BOOK」データベースより)
飽くなき欲望に適否の線は引けるのか?「健康」の問い直しを通じて、生命操作と癒しの時代における倫理の“原点”を探る。

内容(「MARC」データベースより)
テレビ・雑誌をにぎわす健康ブーム。加熱する健康、さらには安楽への欲望。飽くなき欲望に適否の線は引けるのか? 「健康」の問い直しを通じて、生命操作と癒しの時代における倫理の「原点」を探る。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
森下 直貴
1953年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得。現在、浜松医科大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次

はじめに

序章 「健康」の規準を求めて
 1 健康ブームの日常化
 2 欲望としての健康と安楽
 3 健康不安の背景
 4 根本問題―欲望の間の線引き
 5 「科学的に正しい」基準
 6 ウェルビーイングとしての健康
 7 全体性への願望と快さの感覚
 8 欲望に対するアプローチ
 9 本書の課題と構成

第1章 エピクロスと“安らぎ”のパトス
 序 ホッブズの「力への欲望」から
 1 プラトンの「不純な快」
 2 アリストテレスの「過程の快」
 3 ストア派の「歪んだパトス」
 4 エピクロスの「静かな快さ」
 5 〈安らぎ〉というパトス

第2章 ベンサムと「消極的な快」
 序 ベンサムからベンサムへ
 1 快楽主義の宣言
 2 〈快苦の回路〉とその近代性
 3 〈快苦の回路〉の背後
 4 快苦の対照表
 5 快苦の4種類
 6 欲望の3形態
 7 欲望の自動調整システム
 8 自己調整と「消極的な健康」

第3章 フロイトと“回復への欲動”
 序 パトスから無意識の欲動へ
 1 フロイト欲動論の解体
 2 〈回復への欲動〉の発掘
 3 欲望・欲動・衝動
 4 欲動論の再構成の試み

第4章 生命と“自己回復の循環生成”
 序 ヴァイツゼッカーとカンギレム
 1 ヴァイツゼッカーのフロイト批判
 2 「生成」としての生命と「永遠回帰」
 3 病気と治療の両義性
 4 罪責意識と運命愛
 5 健康論の不在と「生」の貧弱さ
 6 〈永遠回帰の生成〉と〈回復への生成〉
 7 ガンギレムと生き物の価値極性
 8 基準設定力と健康
 9 〈革新への生成〉と秩序形成
 10 病気=基準設定力の減弱
 11 「病気=正常」テーゼ
 12 〈革新への生成〉と〈自己回復の循環生成〉
 13 三重の循環生成

終章 原点としての“ウェルビカミング”
 1 探求全体の回顧
 2 〈ウェルビカミング〉としての健康
 3 〈自分の原点〉から〈倫理の原点〉へ
 4 最後の循環―〈価値の回路〉

文献一覧
あとがき
「現代批判の哲学」刊行のことば

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:竹川 慎吾 更新:樋口 也寸志
UP:20101010 REV:20101220
人口(population)・少子化・高齢化  ◇身体×世界:関連書籍 2000-2004  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)