HOME > BOOK >

『よき死の作法』

高橋 隆雄・田口 宏昭 編 20030520 九州大学出版会
熊本大学生命倫理研究会論集4,301p. ISBN:4-87378-782-3 3360


このHP経由で購入すると寄付されます

■高橋 隆雄・田口 宏昭 編 20030520 『よき死の作法』,九州大学出版会,熊本大学生命倫理研究会論集4,301p. ISBN:4-87378-782-3 3360 [amazon][BK1] ※ d

□内容説明 [bk1]
ホスピスでの死や安楽死、よき生の終焉としてのよき死、生物学のアポトーシス、文学作品や神話に現れた死、儀礼において出現する死…。「死」をめぐる諸相のうちに複雑なしかたで垣間見える死の深層を明確に捉える。
□著者紹介 [bk1]
〈高橋〉熊本大学文学部教授(倫理学)。
□著者紹介 [bk1]
〈田口〉熊本大学文学部教授(社会学)。

http://www1.ocn.ne.jp/~kup/sinkan/782yokisi.html

 人間の死は,死ぬ本人,家族や社会,また歴史や文化に関わる幾重にも積み重なる意味を担っており,「よき死」への願望と作法は歴史を通じて常に求められてきた。先の3冊の論集と同様に本書も共同研究の成果であり,多様な「死」の諸相をそれぞれの専門とする観点から論ずることで「死」の本質に迫ったものである。


           ●主要目次●

第1章 細胞における死の流儀と意義 ……………… 佐谷秀行
  「生」のための「死」/個体,種の保全におけるアポトーシスの
  役割
第2章 「よい死」をめぐって ………………………… 中山 將
  死の諸相/死の思想/死の主体/よい死/死の統合作用
第3章 日本のホスピス・緩和ケアの現状 ………… 井田栄一
  ホスピス・緩和ケアの実際/ホスピス・緩和ケアの定義と利
  用開始時期/日本のホスピスケアの歩みと現状/ホスピスケ
  アの利用者の声/ホスピス担当医師としての私
第4章 看護における死 ……………………………… 森田敏子
  日常から遠ざかる生と死/人間にとっての死・看護にとって
  の死/その人らしさを支える看取り/癒しの看護とグリーフ
  ワーク
第5章 安楽死について ……………………………… 高橋隆雄
  安楽死と尊厳死の概念/これまでなされてきた議論/安楽死
  と日本的伝統
第6章 古代日本における死と冥界の表象 ………… 森 正人
  日本霊異記の冥界/浄土教における極楽と地獄/仏教的冥界
  観の流布/日本霊異記を遡る/冥界観の古層/天翔る白鳥
第7章 受取人不在の死 ……………………………… 慶田勝彦
  打瀬船を焼く/水俣病経験の起源化と脱起源化/水俣病と口
  頭領域/儀礼・口頭領域において節合する記憶群
第8章 自然葬と現代 ………………………………… 田口宏昭
  自然葬とは何か/家郷喪失者たちと自然葬


UP:20040906 REV:20080725
  ◇BOOK
TOP HOME(http://www.arsvi.com)