HOME >BOOK >

『生殖の哲学』

小泉 義之 20030530,河出書房新社, 126p.

last update:20130926

このHP経由で購入すると寄付されます


Tweet

小泉 義之  20030530 『生殖の哲学』,河出書房新社, 126p. ISBN-10:4309242855 ISBN-13:9784309242859 \1500+税  [amazon][kinokuniya] p

■内容

クローン万歳! バイオテクノロジーはすばらしい。なぜならそれが怪物たちを生み出すから……。全く新しい視点からバイオを論じ、哲学のテーマとしての生殖を取り上げる、 ポレミカルな思想への招待。未来はこの一冊から始まる。

■目次

はじめに

第一章 未来からの視線――生命・自然
死と死者にとらわれた時代
未来の予測――地球温暖化・環境化学物質・移入種・バタフライ効果
未来の徴候――ターミネーター・エイリアン
性と死――生ける屍
生殖の未来――フランケンシュタイン博士・モロー博士・ダナ・ハラウェイ
有望な怪物――優生思想批判

第二章 生殖技術を万人のものに――「交雑個体」を歓待する
論外なこと
生殖補助技術
クローン技術
新胚作出技術

第三章 未来と生殖をめぐって

あとがき

■引用

――では、生殖技術に関連させて尋ねますが、障害者を歓待す>113>るということと、「交雑個体」を歓待するということは、どこでどう繋がるのでしょうか。

 ここでも、率直に言ってしまいます。各種の生殖技術にはリスクがある。障害をもたらすリスクがある。遺伝子改造技術にしても、 通常の意味での優生を実現することなど不可能です。生殖細胞の遺伝子に介入すれば、確実に障害を発生させる。だからということで、たいていの人は、 慎重になりましょうと反対したり、改善するために努力しましょうと賛成したりしてますが、私は、だからこそ進めましょうと言い切りたい。各種の生殖技術は、 未見の障害を発生する可能性がある。未曾有の変異を生きる人間を生む可能性がある。だからこそ、進めるべきなのです。優生社会を目指すかに見える技術は、 切り捨て淘汰を許しさえしなければ、確実に劣生社会を切り開く。だからこそ、進めるべきなのです。(pp.112-113)

■書評・紹介


■言及



*作成:本岡 大和  *増補:北村 健太郎
UP: 20100214 REV: 20130926
哲学/政治哲学/倫理学   ◇産・生  ◇優生学・優生思想  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)