HOME > BOOK >

『患者の孤独――心の通う医師を求めて』

柳沢 桂子 20030326 草思社,181p.


このHP経由で購入すると寄付されます

■柳沢 桂子 20030326 『患者の孤独――心の通う医師を求めて』,草思社,181p. ISBN-10: 4794211953 ISBN-13: 978-4794211958 \1365 [amazon][kinokuniya]

■内容
「BOOK」データベースより

苦しくて病院に行く。けれど医師は言う。「病気のはずがない」「気のせいだ」「数値は下がってるんだ、いい加減にしろ」からだの苦しみ以上に、数値だけ見て患者が見えない医師たちの、こうした心ない言葉が痛かった。医学が完璧ではないことは知っている。それでも医学という学問を信頼している著者が出会ったのは、際限なくつづく誤診、決めつけ、拒絶…いまの日本の医療のあまりに寂しい現実だった。30年におよぶ闘病生活の中で、これまで書けなかった自らの医療体験のすべてを明かし、患者のあり方、医療のあるべき姿を根底から問い直す書。

「MARC」データベースより

「病気のはずがない」「気のせいだ」…体の苦しみよりもそれを認めてもくれない心ない医師の言葉が痛かった。30年の闘病生活の中で、自らの医療体験の全てを明かし、患者のあり方、医療のあるべき姿を根底から問い直す。

■目次 ■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:三野 宏治
UP: 20100108 REV:
医療/病・障害 と 社会  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME(http://www.arsvi.com)