HOME > BOOK >

『気流の鳴る音――交響するコミューン』

真木 悠介 20030310 筑摩書房,ちくま学芸文庫,233p.

Tweet
last update:20161223

このHP経由で購入すると寄付されます


真木 悠介 20030310 『気流の鳴る音――交響するコミューン』,筑摩書房,ちくま学芸文庫,233p. ISBN-10: 4480087494 ISBN-13: 978-4480087492 900+ [amazon] [kinokuniya]

■内容

(「BOOK」データベースより)
 「知者は“心のある道”を選ぶ。どんな道にせよ、知者は心のある道を旅する。」アメリカ原住民と諸大陸の民衆たちの、呼応する知の明晰と感性の豊饒と出会うことを通して、「近代」のあとの世界と生き方を構想する翼としての、“比較社会学”のモチーフとコンセプトとを確立する。

■目次

気流の鳴る音
旅のノートから
ファベーラの薔薇
時間のない大陸
交響するコミューン

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:焦 岩
UP: 20161223
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)