HOME > BOOK >

『アメリカの貧困問題』

Iceland, John 2003 Poverty in America: A Handbook, Univ of California Pr
=200504 上野 正安訳,『アメリカの貧困問題』,シュプリンガーフェアラーク東京,p.370


このHP経由で購入すると寄付されます

■Iceland, John 2003 Poverty in America: A Handbook, Univ of California Pr=200504 上野 正安訳,『アメリカの貧困問題』,シュプリンガーフェアラーク東京,p.370 ISBN-10: 4431711023 ISBN-13: 978-4431711025 \2940 [amazon][kinokuniya] p0601

■内容紹介

アメリカという世界で最も豊かな国にあって、常時300万人を超える貧困者が存在するのはなぜか?それは特定の人種・民族・家族構成に起因するのか?今後どんな変化が予測されるのか?これらの疑問を取扱いながら、貧困の概念の時代推移や公共政策が政治的課題及び経済的現実として貧困とどのように取り組み、闘ってきたかを示す.メリーランド大学社会学部助教授である著者が、統計資料、学説、歴史的事実を組み合わせて、「貧困」という問題に関する信頼できる参考書を書き上げた.アメリカを経済史・社会史・政治史的に捉えた一冊である.

内容(「BOOK」データベースより)
アメリカにおける貧困の定義、歴史、測定方法、統計分析、対策。貧困の国際比較。目からウロコの1冊。

■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

アイスランド,ジョン
アメリカ連邦国勢調査局住宅・家計統計部貧困・保健統計分科会主任を経て、現在メリーランド大学社会学部教授

上野 正安
1936年生まれ、札幌市出身。1960年東京大学教養学部アメリカ科卒。住友銀行入行後、コロンビア大学国際関係論大学院留学。1986年カナダ住友銀行頭取。1989年シャクリー・コーポレーション(サンフランシスコ)副社長。1996年山之内製薬常務取締役、日本シャクリー社長。拓殖大学客員教授、明海大学講師、群馬県立女子大学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■紹介・言及

橋口 昌治 200908 「格差・貧困に関する本の紹介」, 立岩 真也編『税を直す――付:税率変更歳入試算+格差貧困文献解説』,青土社


*作成:橋口 昌治 
UP:20090816 REV:
貧困  ◇アメリカ合衆国  ◇貧困・格差関係の本  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK 
 
TOP HOME(http://www.arsvi.com)