HOME > BOOK >

『教員のための子ども虐待理解と対応――学校は日々のケアと予防の力を持っている』

岡本 正子・二井 仁美・森 実編 20090228 生活書院,234p.

last update:20101011

このHP経由で購入すると寄付されます

■岡本 正子・二井 仁美・森 実編 20090228 『教員のための子ども虐待理解と対応――学校は日々のケアと予防の力を持っている』,生活書院,234p. ISBN-10:4903690334 \2625 [amazon][kinokuniya]

■内容

学校は、虐待を発見し、虐待されている子どもを見守り、そして「日々のケア」と予防の機能を持っている!幼稚園、小学校、中学校から高校にいたる管理職を含む教職員が、子ども虐待について基本的な理解を深め、学校で遭遇する可能性のある虐待事例に対応するための必備の書。教員をめざす学生の教科書にも対応。

■目次

第1部 子ども虐待をとらえる基本的視点
第2部 虐待対応の実際
 第1章 虐待問題の学校危機管理
 第2章 スクールカウンセラー・スクールソーシャルワーカーと子ども虐待
 第3章 児童相談所からみた教育と福祉の連携)
第3部 ケアと予防の教育実践
 第1章児童養護施設の子どもを中心に捉えて
 第2章 「いのちの教育」の視点から―子ども虐待と予防)
第4部 子どもの権利と子ども虐待の教育学
 第1章教育学の視点からみた子ども虐待問題
 第2章近代日本における子ども虐待と子どもの権利)
第5部 子ども・親・家族のさらなる理解のために
 第1章児童精神科と子ども虐待
 第2章非行問題としての虐待問題のあらわれ
 第3章虐待者・家族
 第4章生涯人間発達論からみる子ども虐待
付録

■引用

■書評・紹介

■言及



作成:安田 智博
UP:20101011 REV:
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)