HOME > BOOK >

『町工場巡礼の旅』

小関 智弘 20021110 現代書館,254p.

last update: 20110218

このHP経由で購入すると寄付されます

■小関 智弘 20021110 『町工場巡礼の旅』,現代書館,254p. ISBN-10: 4768468357 ISBN-13: 978-4768468357 \2100 [amazon][kinokuniya] ※ w01

■内容

・同書の帯より
“粋な旋盤工”小関智弘の現役最高のルポルタージュ.自分の目の高さで,“現場”を見続けて51年,この10年間の町工場の智恵と哲学が収録されている.

■目次

はじめに 1

町工場巡礼の旅 7
 中国の町工場で 8
 発想豊かなものづくり 11
 作らされているのではなく 20
 ハイテク職人を育てる 29
 指で憶えて,肩に貯金――へら絞りで宇宙へ 39
 レーザーでジャガイモの皮をむく 48
 さくらんぼの里からの産声 56
 NC機を使い熟す町工場 66
 町に蓄えられた技術を生かす 76
 工場のものづくりも自己表現 85
 ネジ一本から世界を見る 95
 後継者を育む町 105
 プラスチック成型だって奥は深い 115
 捨挽き捨絞りは碁や将棋と似て 124

大田区界隈・町工場・旋盤工 131
 町工場――絆が支える“一品料理” 132
 旋盤工 138
 モノを作る手ごたえ――「工場まち」に生きて 163
 祭りの陰に“尻尾切り” 168

日本人の技 171
 職人の工夫と誇り 172
 人びとの心を沸かすからくり人形 177
 二百年の道草が教える豊かさ 182
 御輿を飾る地味な技 186
 和釘一本に木の文化を見る 190
 ガラスに光と力を漲らせて 194

旋盤工・作家の周辺 199
 ペンだこのない書き手 200
 なぜか“美”の字 202
 機械の未練 203
 機械が語る町や人 205
 風に乗れ,町工場 208
 金ちゃんの暗示 210
 歳のめぐり 212
 八月十五日の贈りもの 214
 “日照りが続けば,町工場が” 216
 “珍獣になるな” 218
 若いうちに,たっぷりと 220
 日曜日の朝,箒を持つと 222
 都会の稲穂 224
 キリコ談義 226
 続・キリコ談義 228
 ヘマな旋盤工 230
 粋な旋盤工 232
 技能は社会の宝 235
 お地蔵さんの清水 236
 柿の木のある町工場 238
 口笛を吹きながら 240
 町工場の師走入り 242
 電柱を担ぐ 244
 “屋号”で書く 246
 元旋盤工 249

あとがき 251
初出一覧 253

■引用


■書評・紹介

200212** 「Visual Point 『町工場巡礼の旅』小関智弘著 飯田鉄写真」『出版ニュース』1958: 3.

■言及



UP: 20110218 REV:
労働  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)