HOME > BOOK


『いま、生と死を考える――豊かないのちを育む地域』

長野大学産業社会学部 編 20020802 郷土出版社,215p. 1600円+税


このHP経由で購入すると寄付されます

※ビーケーワンでの注文も歓迎→趣旨
『いま、生と死を考える』情報(bk1) もちろん他の書店でも。

◆長野大学産業社会学部 編 20020802 『いま、生と死を考える――豊かないのちを育む地域』,郷土出版社,215p. ASIN: 4876635722 1680 [amazon][kinokuniya][bk1] ※ b

内容(「BOOK」データベースより)
“いま”を生きる私たちにとっての重要なテーマ、出生前診断、遺伝子解析、高齢社会、安楽死etc.…。“いのち”について、多角的にアプローチする。

内容(「MARC」データベースより) 「いま」を生きる私たちにとっての重要なテーマ、出生前診断、遺伝子解析、高齢社会、安楽死等、「いのち」について、多角的にアプローチする。2000年度長野大学公開講座で好評を博した講義を振り返る抄録。

徳永 哲也 20020802 「科学技術・情報化時代における生と死の倫理」
 長野大学産業社会学部編[2002:005-018]
佐々木 和子 20020802 「生まれようとする命を選別しないで――ダウン症の息子との生活から見えてきた大切なもの」
 長野大学産業社会学部編[2002:020-032] cf.ダウン症
矢嶋 嶺 20020802 「死にゆくものと現代医療」
 長野大学産業社会学部編[2002:033-042]
横山 勝 20020802 「元気な車イス」
 長野大学産業社会学部編[2002:043-064]
鈴木 宏哉 20020802 「からだの生と死」
 長野大学産業社会学部編[2002065:-089]
立岩 真也 20020802 「強いことによる死――「安楽死」について」
 長野大学産業社会学部編[2002:091-106]
小高 康正 20020802 「デス・エデュケーション――死への準備教育」
 長野大学産業社会学部編[2002:108-122]
中島 豊 20020802 「子どもと死」
 長野大学産業社会学部編[2002:123-136]
小川 憲治 20020802 「現代人にとっての生と死――現象学的臨床社会心理学の立場から」
 長野大学産業社会学部編[2002:137-147]
佐々木 □ 20020802 「死をめぐって――作家たちの思いから」
 長野大学産業社会学部編[2002:149-164]
圓増 治之 20020802 「死を待つこころ――良寛の死生観」
 長野大学産業社会学部編[2002:165-182]
小片 富美子 20020802 「ターミナルケアと精神医学的援助」
 長野大学産業社会学部編[2002:183-194]
藤原 正子 20020802 「死別の哀しみ」
 長野大学産業社会学部編[2002:195-211]



生命倫理[学] (bioethics)  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME(http://www.arsvi.com)