HOME > BOOK >

『ロービジョンケアの実際――視覚障害者のQOL向上のために』

高橋 広 編 200206 医学書院,201p.

last update:20131207

このHP経由で購入すると寄付されます

■高橋 広 編 200206 『ロービジョンケアの実際――視覚障害者のQOL向上のために』,医学書院, 201p. ISBN-10: 4260332139 ISBN-13: 978-4260332132 欠品 [amazon][kinokuniya] v01, c07
→200605 『ロービジョンケアの実際――視覚障害者のQOL向上のために (第2版)』,医学書院, 315p. ISBN-10: 4260002163 ISBN-13: 978-4260002165 \3800+税 [amazon][kinokuniya] v01, c07

■内容

(「MARC」データベースより)
ロービジョンケアとは、保有視覚を最大限に活用してQOLの向上を目指すケアのこと。ロービジョンケアに必要な基礎知識から補助具の選択、訓練と援助、日常生活援助、代表的な疾患とその対応などを解説する。

■目次

第1章 視覚障害者とQOL
第2章 ロービジョンケアに必要な基礎知識
第3章 補助具の選択によるQOLと視機能の増強
第4章 視覚障害者のQOL向上のための訓練と援助
第5章 視覚障害者の日常生活援助
第6章 視覚障害者への年齢別対応
第7章 代表的な疾患とその対応
第8章 他の障害をもった人への対応
第9章 病院内での視覚障害者への援助(看護の立場から)

■著者略歴

(「BOOK著者紹介情報」より)
高橋 広
1975年慶応義塾大学医学部卒業。医学博士。1989年産業医科大学医学部眼科学講座講師。1993年同大学助教授。2000年より柳川リハビリテーション病院眼科部長。2001年第2回日本ロービジョン学会学術総会会長。福岡教育大学視覚障害教育講座非常勤講師。産業医科大学医学部非常勤講師。慶応義塾大学医学部非常勤講師。日本ロービジョン学会理事。日本産業・労働・交通眼科学会世話人。九州ロービジョンフォーラム代表世話人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


*作成:植村 要
UP: 20090223 REV: 20131207
視覚障害  ◇情報・コミュニケーション/と障害者  ◇身体×世界:関連書籍 2000-2004  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)