HOME > BOOK >

『60年安保とブント(共産主義者同盟)を読む――島成郎と60年安保の時代 2』

島成郎記念文集刊行会 編 20020615 状況出版,320p.

last update:20110818

このHP経由で購入すると寄付されます

■島成郎記念文集刊行会 編 20020615 『60年安保とブント(共産主義者同盟)を読む――島成郎と60年安保の時代 2』,状況出版,320p. ISBN-10:4915252655 ISBN-13:978-4915252655 \2730 [amazon][kinokuniya] ※ ss10 sm02

■内容

1960年6月15日、全学連とブント労働者は国会へ突入し、樺美智子が死んだ。戦後学生運動の軌跡とブントの誕生から崩壊までの全過程を明らかにする。

■目次

第1章 ブント始末記「異議あり!」
「不可視の核」私にとっての島成郎とブント/追想の中の「二人の改革者」/悼辞 島さんの思い出によせて/さよなら島、さよならブント/政治的死からの出発 ブント後の島成郎/前衛は崩壊したのか/全学連・60年安保・そして島成郎/ブントのフェミニズム/リベラシオン。革命への情熱/「戦旗」印刷所顛末記/島成郎はブントそのものだった/多田靖版「ブント盛衰記」ブント書記長・島成郎と仲間たち/蔵田計成版「ブント綺譚」秘話・ブント「革通派」結成の謎/SECT SIXの頃

第2章 それぞれの安保闘争
「全学連」引き継ぎの頃を話そうか/京都から見つめた60年安保とブント/「60年安保創世記」東京地評の長い長い闘い/59年お茶大ストとその後/「わが昭和の古文書」1 1・16逮捕の記録/「わが昭和の古文書」2 11・27。国会構内へ入った!/「昭和の古文書」3 6・15事件判決事実認定書/「わが昭和の古文書」4 体に刻み込まれた6・15の記憶/京都発国会デモ行き夜行列車/砂川から警職法闘争まで/時代の機運を感じた頃/青年は羽田を目指す/毎日がデモだった/中途半端な燃焼!/「おめでとう」の言葉/4・26 島さんの執念/ブント労働者の闘い

第3章 新しい闘いへの展望
わたしたち人間が生き延びる努力/All Life is Problem Solving/いまよみがえる安保と戦争の問題/9・11同時多発ゲリラ事件の衝撃/出会いと変革/ともにする時代の感覚/21世紀日本の進路/未来への思想的課題

墓碑銘/「ブント書記長島成郎を読む」目次紹介
島成郎記念文集刊行会・総括報告
編集後記

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:鈴木 耕太郎
UP: 20110818 REV:
島成郎  ◇社会運動/社会運動史  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)