HOME > BOOK >

『地方自治・未来への選択―平成市町村合併と「地方構造改革」のなかで 』

加茂 利男 20020625 自治体研究社,94p.

Tweet
last update:20180426

このHP経由で購入すると寄付されます


■加茂 利男 20020625 『地方自治・未来への選択―平成市町村合併と「地方構造改革」のなかで』,自治体研究社,94p. ISBN-10:4880373621 ISBN-13:9784880373621 952+ [amazon][kinokuniya]

『地方自治・未来への選択―平成市町村合併と「地方構造改革」のなかで』表紙

■内容

[amazon]より

内容(「MARC」データベースより)
構造改革の具体化としての地方交付税の削減・市町村の差別化。それは日本の地方自治制度、市町村と都道府県の制度や役割をどう変えることになるのか? 2001年刊「市町村合併と地方自治の未来」の改訂・続編。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
加茂/利男
1945年生まれ。大阪市立大学法学部卒。現在、同大大学院教授。専門は政治学。1998年から自治体問題研究所理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次

1 「平成市町村合併」の動向と現状
2 自治体合併の歴史と原則・再説
3 「平成大合併論」の虚実
4 合併市町村をめぐる矛盾・混乱・誤解
5 合併のゆくえと新地方自治制度改革
おわりに―市町村合併と未来責任

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:岩ア 弘泰
UP:20180426 REV:
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)