HOME > BOOK >

『お産の歴史』

杉立 義一著 20020422 集英社, 237p.


このHP経由で購入すると寄付されます

■杉立 義一 20020422 『お産の歴史』, 集英社, 237p.
 ISBN-10: 4087201392 ISBN-13: 978-4087201390 2002 [amazon] ※ b

■出版社/著者からの内容紹介
出産の歴史は人類の歴史とともにある。太古の時代から二十一世紀を迎えた今日まで、出産を取り巻く状況は大きく変化してきた。本書は医学的見地から、文献史料を参照、日本人の出産の歴史を辿る。

■内容(「BOOK」データベースより)
出産の歴史は人類の歴史とともにある。わが国では縄文時代中期の出産の様子を示すと思われる土偶も、いくつか発掘されている。そうした太古の時代から二一世紀を迎えた今日まで、出産を取り巻く状況は大きく変化してきた。七世紀から八世紀にかけ中国の医学、医術がもたらされ、一七世紀、西洋医学が取り入れられ、独自の出産文化を生み出してきたのだ。本書は医学史的見地から、さまざまな文献史料を参照し、日本人の出産の歴史を辿る。

■目次
ヒトとサルの出産
縄文・弥生時代
古墳時代
飛鳥・奈良時代
平安時代
鎌倉時代
室町時代/戦国・織豊時代
産科習俗
江戸時代前期
江戸時代中期
江戸時代後期
近代の出産
現代の出産



*作成:櫻井浩子
UP:20071219 REV:2007
医学史・医療史新生児
TOP HOME(http://www.arsvi.com)