HOME > BOOK >

『ドイツ精神病理学の戦後史――強制収容所体験と戦後補償』

小俣 和一郎 20020410 現代書館,230p.

韓国語頁

last update: 20140612

このHP経由で購入すると寄付されます

小俣 和一郎 20020410 『ドイツ精神病理学の戦後史――強制収容所体験と戦後補償』,現代書館,230p. ISBN-10: 4768468195 ISBN-13: 978-4768468197 \2415 [amazon][kinokuniya] ※ eg-naz m ptsd t06

■内容

■目次

第1章 総説(精神医学におけるトラウマ概念の変遷/「強制収容所症候群」/戦後ドイツにおける裁判と補償の流れをめぐって)
第2章 強制収容所後遺症の精神医学的鑑定(論文の翻訳)(クルト・コレ「精神医学からみたナチ迫害の犠牲者」/エドガー・C・トラウトマン「解放一五年後のナチ強制収容所生き残りに関する精神医学的調査」/ハインツ・ヘンゼラー「迫害による後遺障害の判定に関する今日の見解」)
第3章 解説・解題(三論文の基調の流れと変化/今日のPTSD概念とのかかわり/PTSD概念の課題と今後の問題)

■引用


■書評・紹介


■言及



*作成:山口 真紀
UP: 20110406 REV: 20110625, 20140612
精神障害/精神医療  ◇トラウマ  ◇心的外傷後ストレス障害(PTSD)  ◇優生・ナチス・ドイツ  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)