HOME > BOOK >

『ADHD(注意欠陥/多動性障害)』

町沢 静夫 20020401 駿河台出版社, p210


このHP経由で購入すると寄付されます

■町沢 静夫 20020401 『ADHD(注意欠陥/多動性障害)』,駿河台出版社,210p. 1680 ISBN-10: 4411003449 ISBN-13: 978-4411003447 [amazon] ※ m. adhd.

■内容(「MARC」データベースより)
この10年前後で大変な勢いで研究成果と治療効果をあげてきたADHDだが、今でもADHDを知らない精神科医、小児科医が多い。今現在のADHDを救うために、その歴史や症例などを紹介し、学校や親の理解を促す。

■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
町沢 静夫
1945年新潟県糸魚川市に生まれる。1968年東京大学文学部心理学科卒業。1976年横浜市立大学医学部卒業。東京大学付属病院分院神経科勤務。1986年国立精神・神経センター精神保健研究所室長。1994年町沢メンタル・ヘルス研究所開設。1998年立教大学コミュニティ福祉学部教授。現在、精神科医・医学博士、立教大学教授、メンタル・ヘルス研究所所長、ストレスケア日比谷クリニック(非常勤)、式場病院(非常勤)、雑誌「精神療法」(編集委員)。専攻は、思春期・青年期精神医学/社会病理学・異常心理学/心理療法・犯罪学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次
第1章 ADHDとは何か
第2章 ADHDの歴史を細かく知る
第3章 ADHDの現在
第4章 ADHDの日常性とその対応
第5章 大人のADHDについて
第6章 ADHDと合併症状(comorbidity)
第7章 ADHDと親の問題

■紹介・引用


UP:20080402 REV:20081102
AD/HD  ◇精神障害/精神医療  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME(http://www.arsvi.com)