HOME > BOOK >

『徹底討論 アメリカはなぜ狙われたのか―同時多発テロ事件の底流を探る』

西谷 修・酒井 啓子・臼杵 陽/NHKイスラム・プロジェクト 20020320 岩波書店,70p.


このHP経由で購入すると寄付されます

■西谷 修・酒井 啓子・臼杵 陽/NHKイスラム・プロジェクト 20020320 『徹底討論 アメリカはなぜ狙われたのか――同時多発テロ事件の底流を探る』(岩波ブックレット No. 563),岩波書店,70p. ISBN-13:978-4000092630 \504 [amazon][kinokuniya]

■内容

世界に広がるイスラム・ネットワークの波,イラン革命の衝撃と米ソの誤算.そしてソ連崩壊に伴うイスラエル社会の変容がパレスチナとの間にもたらしたものは何か.テロ事件の背景にある国際的激動の深層を,NHKの取材班と専門家とが協力して探る.これまでの報道や類書では得られない視点が得られる好著.
「なぜ、アメリカは狙われたのか?」、「なぜ、テロリストはアメリカを狙ったのか?」、そして「その問いは、なぜ、かくも遅れて発せられたのか?」という疑問は、未だ「名前のない戦争」に影のようにつきまとっている。NHKは、これまでの取材と、中東地域や現代思想の専門家の緊急討議をもとに、ハイビジョン特集『なぜ、アメリカか? なぜ、アフガニスタンか?――同時多発テロの底流を探る――』(2001年12月1日)を放送した。現下の情勢に関するもっとも先端的な議論がここで展開されたと思う。このブックレットは、メディアを越えた共同作業の結果である。

■目次

■引用



■書評・紹介



■言及



*作成:影浦 順子
UP: 20091102 REV:
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME(http://www.arsvi.com)