HOME > BOOK >

『死の臨床格闘学』

香山 リカ 20020307 青土社,246p.


このHP経由で購入すると寄付されます

香山 リカ 20020307 『死の臨床格闘学』,青土社,246p. ISBN-10:479175946X ISBN-13:978-4791759460 1900 [amazon]※ m.

■広告

(「MARC」データベースより)
プロレスリングの唯一にして最強の敵である「死」。故・ジャイアント馬場を中心に、精神医学や現代思想の最先端理論を駆使し、現代における「死」の様相を提示する。『ユリイカ』連載をまとめる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
香山 リカ
1960年、札幌市生まれ。精神科医。神戸芸術工科大学助教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次

来日の目的は「Murder!」と彼は言った
死者の挨拶抜きで夜がはじまった
ゴリくんからの贈与の一撃!
満月の謙虚な光のもとで
精霊でもなく、死者でもなく
速く、もっと速く浄土へ!
父よ、あなたの乗り越えの後に世界が裂けようとも
霞んだ風景の向こうに日輪が見える
尋常のおどけならむやチェーン持ち
終わりの始まりが終わった
愛は台上を遠く離れて
夏昼後刻に会いませう

■紹介・引用

■書評・言及


作成:鹿島萌子
UP:20070618 REV:20081102, 20090106
香山 リカ  ◇  ◇精神障害/精神医療  ◇精神障害/精神障害者・文献  ◇身体×世界:関連書籍 2000-2004  ◇BOOK
TOP HOME(http://www.arsvi.com)