HOME > BOOK >

『国際社会1 国際化する日本社会』

梶田 孝道・宮島 喬 編 20020305 東京大学出版会,229p.


このHP経由で購入すると寄付されます

梶田 孝道宮島 喬 編 20020305 『国際社会1 国際化する日本社会』,東京大学出版会,229p. ISBN-10: 4130341510 ISBN-13: 978-4130341516 \2940 [amazon] w0111 n09

■内容(「BOOK」データベースより)
労働、都市、地域、政治―「外国人問題」の現実。

■内容(「MARC」データベースより)
文化や教育など、従来の国際関係論でとらえきれなかった視点を加え、国際化の意味を幅広く問いかけるシリーズの第1巻。国際化し、グローバル化する日本社会の現状とその変化を扱う。

■目次

序 日本社会の変容と外国人の生活世界(梶田孝道・宮島喬)
1 日本の外国人労働者政策――政策意図と現実の乖離という視点から(梶田孝道)
2 外国人労働市場の分岐の論理――エスニックな分水嶺の発生メカニズム(丹野清人)
3 日本の企業と外国人労働者・研修生(上林千恵子)
4 世界都市からグローバルシティへ――「世界都市」東京の20年(町村敬志)
5 グローバルシティの下層マイノリティ――間隙を縫う(西澤晃彦)
6 地域社会の変容とエスニシティ――外国人集住都市・浜松の事例(池上重弘)
7 日本の国際化とインドシナ難民――ベトナム系住民の視点を中心に(河上郁雄)
8 外国人の政治参加――外国人参政権・外国人会議・社会運動をめぐる行為戦略(樋口直人)


■引用


■書評


■言及


*作成:石田 智恵
UP:20080804 REV:
外国人労働者/移民  ◇「日系人」/日系人労働者  ◇BOOK  ◇身体×世界:関連書籍
 
TOP HOME(http://www.arsvi.com)