HOME > BOOK >

『ブッダのヴィパッサナー瞑想法基本マニュアル』

地橋 秀雄 20020330 グリーンヒルWeb出版,158p.

Tweet
last update:20170318

このHP経由で購入すると寄付されます


■地橋 秀雄 20020330 『ブッダのヴィパッサナー瞑想法基本マニュアル』,グリーンヒルWeb出版,158p. ISBN-10:4990137035 ISBN-13:978-4990137038 952+ [amazon]

■内容

[amazon]より

出版社からのコメント
思考が浮かんだ瞬間に厳密なサティが入ると、思考の団子状態にならない。
  単発のイメージや思念がそのつど撃ち落とされる状態を、「思考を止める」という。
 思考が止まると、眼耳鼻舌身意の対象が次々と心にぶつかり、「現象」→「サティ」→「現象」→「サティ」の連続状態になる。
 これを法の直接知覚という。

著者について
地橋秀雄〈ちはし・ひでお〉

 1948年生まれ。早稲田大学文学部卒。1978年よりサマタ系瞑想を10年余修行し、1990年よりタイ、ミャンマー、スリランカ等の上座仏教僧院でヴィパッサナー瞑想を修行。1995年より朝日カルチャーセンター等で、本格的な瞑想指導を始める。
 現在、グリーンヒル瞑想研究所所長。朝日カルチャーセンター講師(『ブッダの瞑想とその理論』。【グリーンヒルWeb会】主宰。

■目次

1章 歩く瞑想     
・身体動作から気づく        
・ラベリング・言葉による確認と注意喚起         
・サティをどちらに・50対50の法則         
・中心対象にもどす・ホームベースの法則         
・集中? 気づき?
・消えない場合は         
・妄想が浮かんだり、音が聞こえたりしたら
・ふらついたら
・歩く瞑想のやり方(1)(2)(3)
・Uターンして方向を変えるとき          
           
2章 立つ瞑想     
・歩くから立つに          
・立つ瞑想のやり方
            
3章 座る瞑想     
・座り方・脚の組み方          
・座る瞑想の中心対象         
・座る瞑想のやり方           
・かゆみや、痛みが出てきたら… 
     
4章 慈悲の瞑想     
・サティと慈悲の両輪         
・慈悲の瞑想のやり方        
・なぜ「私」の幸せから?         
・嫌いな人たちの願いがかなうと…   
   
5章 心を観る瞑想     
・身体から心に          
・肩こりが消えた…         
・心随観の威力         
・四念住         
・心の随観のやり方(1)(2)(3)(4)
 
6章 Q&A 実践的アドバイス     
・眠気の直前は?         
・膨らみ・縮み の勘ちがいから眠くなる…        
・眠気を取り除く方法         
・耳栓してもいいですか        
・起きたことはすべて「法」と見る         
・集中をかけつつ気づくのです          
・心の闇の部分から目をそらす         
・子供が瞑想の邪魔をする・         
・遅刻をしたら・          
・心の構造改革です         
・悟るのは、怖い?       

7章 瞑想のことば…

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:岩ア 弘泰
UP:20170318 REV:
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)