HOME > BOOK >

『吃音!吃音者のどこが悪い?』

藤樹 拓也 20020215 文芸社,108p.

Tweet
last update:20170630

このHP経由で購入すると寄付されます


■藤樹 拓也 20020215 『吃音!吃音者のどこが悪い?』,文芸社,108p.ISBN-10: 4835530950 ISBN-13: 978-4835530956 800+ [amazon] [kinokuniya]

■内容

(「BOOK」データベースより)
 言語障害者を作り上げているのは、環境と周囲の人々だ!周囲が変われば、障害は克服できる!幼い頃から言語障害に悩んできた著者が、障害克服の方法と、障害者救済の道を、大胆に提言する。

■目次

第1章 言語障害者とはどういうものか
第2章 言語障害者は、こんな環境から生まれる
第3章 障害者を拒否する社会の大きな壁
第4章 吃音をどう治すか?本当に治せるか?
第5章 障害者が切望する明日への希望

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:焦 岩
UP: 20170630
身体×世界:関連書籍BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)