HOME > BOOK >

『パーソンズ――医療社会学の構想』

高城 和義 20020125 岩波書店,233+9+ivp.

last update: 20100823

このHP経由で購入すると寄付されます

■高城 和義 20020125 『パーソンズ――医療社会学の構想』,岩波書店,233+9+ivp.ISBN-10: 4000244094 ISBN-13: 978-4000244091 \2730 [amazon][kinokuniya]

■内容

・出版社からの内容紹介(岩波書店ホームページより)
今日の社会科学は,もはや社会をトータルに捉えることを放棄したのだろうか.細分化された社会科学への危機意識に媒介されて,パーソンズがいま世界的に蘇ろうとしている.本書はパーソンズ研究の第一人者が,医療社会学という素材を通して,パーソンズの難解な理論体系を平明に解説したものである.格好のパーソンズ入門.

■目次

はじめに――医療社会学とパーソンズ 1

第一章 パーソンズの人と学問 11
   一 パーソンズの生涯 13
   二 パーソンズの学問的課題 33
   三 医療社会学の創始者パーソンズ 46

第二章 病人役割 49
   一 行為理論と役割概念 51
   二 能力モデル 60
   三 逸脱モデル 70

第三章 医師役割とパターン変数 79
   一 医師役割概念 81
   二 パターン変数 89
   三 パターン変数の適用 95

第四章 社会的コントロールと四機能図式 109
   一 医師−患者関係と社会的コントロールのメカニズム 111
   二 アメリカ的価値システムと医師−患者関係 121
   三 四機能図式の形成 131

第五章 合議制アソシエーションとしての現代医療組織 141
   一 合議制アソシエーション 143
   二 自発的インフォームド・コンセントとプライヴァシーの保護 152
   三 ウェーバー批判と合議制アソシエーション 159

第六章 医療と「人間の条件」 165
   一 一九七○年代アメリカにおける「医療思想革命」 167
   二 死の意味づけ 178
   三 死をめぐる医療倫理の転換 185

第七章 「人間の条件」パラダイム 199
   一 四機能図式の拡張と「秩序の問題」の解決 201
   二 「人間の条件」パラダイム 209
   三 二一世紀の社会理論とパーソンズ 220

参照文献 223
図表一覧 229
あとがき 231
索引 s1

■引用


■書評・紹介

◇志田 基与師,2002,「『パーソンズ――医療社会学の構想』高城和義著,2002年,岩波書店,ix+233+9 頁,2,600円(本体)(書評)」『理論と方法』17(2): 248-51.
[外部リンク]J-Stageで全文閲覧可.PDFファイル)

天田 城介,20060720,「高城和義著『パーソンズ――医療社会学の構想』岩波書店,2002年.(書評)」『保健医療社会学論集』17(1): 63-5.

■言及

北田 暁大,20070630,「分野別研究動向(理論)――領域の媒介」『社会学評論』58(1): 78-93.
[外部リンク]J-Stageで全文閲覧可.PDFファイル)

◇松岡 雅裕,20070930,「テーマ別研究動向(パーソンズ)――着実に進行する世代間連携の研究姿勢」『社会学評論』58(2): 231-42.
[外部リンク]J-Stageで全文閲覧可.PDFファイル)


*作成:藤原 信行
UP: 20100823 REV:
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)