HOME >BOOK >

『コミュニケーションをひろげる人たち』(NHKきらっといきる いのち輝く障害者たちの物語 2)

NHKきらっといきる制作班 20020130 汐文社,135p.

last update:20131120

このHP経由で購入すると寄付されます


Tweet

■NHKきらっといきる制作班 20020130 『コミュニケーションをひろげる人たち』(NHKきらっといきる いのち輝く障害者たちの物語 2),汐文社,135p. ISBN-10:4811374320 ISBN-13:978-4811374321 \1500+税 [amazon][kinokuniya] ※ d00d

■内容

(「MARC」データベースより) 失語症の三谷誠広さんが言葉で表現できるのは「キョットントン」だけ。自動車旅行も「キョットントン」で行ってしまう。他に、手話で手話を教える丸山さんなど、障害を乗り越えてコミュニケーションを広げる人々たちの姿を描く。

■目次

キョットントンで世界を広げる――失語症の三谷誠広さんの自動車旅行
 1 三谷さんのコミュニケーション
 2 一人旅の準備
 3 東日本一周の旅
 4 旅を終えて
手で読む・手で聴く・手で話す――「すまいる」の盲ろうの仲間たち
 1 世界をひろげる盲ろう者たち
 2 「すまいる」を設立してから
 3 たいせつな通訳者
 4 街で出会ったアクシデント
 5 盲ろう者のことを、もっと知ってほしい
手話で手話を教えます――ろう者の丸山多香子さん
 1 世界を旅した丸山さん
 2 丸山さんの活動
 3 丸山さんの家族
ぼくはみんなに“胸キュン”です――ウェルドニッヒホフマン病・立石郁雄君
 1 ユーモアたっぷり立石郁雄君
 2 ぼくの心の表現――詩
 3 郁雄君の高校卒業

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:矢野 亮
UP: 20131120 REV:
「障害を巡る言説」  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)