HOME > BOOK >

『社長、バリアに挑む――ハンディキャップを武器にして』

中園 秀喜 20020131 同友館,268p.

Tweet
last update: 20190124

このHP経由で購入すると寄付されます


■中園 秀喜 20020131 『社長、バリアに挑む――ハンディキャップを武器にして』,同友館,268p.ISBN-10: 4496032961 ISBN-13: 978-4496032967 1500+ [amazon][kinokuniya] ※ h02

■内容

amazon

「BOOK」データベースより

だれもやらないなら自分がやる!聴覚障害者のためのバリアフリーをビジネスに育てた男。体当たり経営10年の記録。

「MARC」データベースより

だれもやらないなら自分がやる!
自らも聴覚障害者である著者が、聴覚障害者のためのバリアフリーをビジネスに育てた、体当たり経営10年の記録をつづる。

著者略歴
BOOK著者紹介情報」より

中園/秀喜
1948年、大分県生まれ。3歳の時、猩紅熱にかかり失聴。写真家、会社勤務を経て、現在、株式会社ワールドパイオニア・代表取締役兼バリアフリー・アドバイザー。NHK「聴覚障害者の時間」司会、自治省消防庁・視聴覚障害者安全対策会議幹事会委員、旧厚生省・聴覚障害者福祉機器調査委員会委員、経済産業省「共用品・サービス」企画委員会委員などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次

 はじめに バリアフリーのプロを目標に
1 創業前
2 創業後
3 経営論
4 対外関係
5 社員
6 社長の役割
7 後世への宿題
 おわりに

■引用



■書評・紹介



■言及





*作成:塩野 麻子 更新:岩ア 弘泰
UP: 20180713 REV: 20190124
聴覚障害・ろう(聾) 身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)