HOME > BOOK >

『マルクスと息子たち』

Derrida, Jacques 2002 Marx & Sons, Presses universitaires de France.
=20040127 國分 功一郎 岩波書店,239p.


このHP経由で購入すると寄付されます

Derrida, Jacques 2002 Marx & Sons, Presses universitaires de France. =20040127 國分 功一郎 訳,『マルクスと息子たち』,岩波書店,239p. ISBN-10: 4000021583 ISBN-13: 9784000021586 \2520 [amazon][kinokuniya]

■内容
出版社/著者からの内容紹介

「相続する」とはいかなることか.そして,過去からの「遺産」に対してわれわれはいかに応答しうるのか,応答すべきなのか…斬新なマルクス解釈を提出した前著の『マルクスの亡霊たち』が巻き起こした幾多の批判にデリダ本人が応答する―長らく待望されたデリダによるマルクス論の真髄を示す問題の書,ついに邦訳なる.

内容(「BOOK」データベースより)

斬新なマルクス解釈を提出した前著『マルクスの亡霊たち』が巻き起こした幾多の批判にデリダみずからが応答する―デリダによるマルクス論。

内容(「MARC」データベースより)

相続すること、過去からの遺産に応答することとは何か。斬新なマルクス解釈を提出した「マルクスの亡霊たち」に向けられた幾多の批判に、著者本人がみずから応答する。

■著者
デリダ,ジャック
1930年、アルジェリア生まれ。社会科学高等研究院(フランス、パリ)教授

國分 功一郎(こくぶん・こういちろう)
1974年、千葉県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程在籍。日本学術振興会特別研究員
■目次 ■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:角田 あさな
UP: 20100114 REV:
Derrida, Jacques  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK 
 
TOP HOME(http://www.arsvi.com)