HOME > BOOK >

『性依存――その理解と回復』

吉岡 隆・高畠 克子編 20011225 中央法規出版,225p.

last update: 20110420

このHP経由で購入すると寄付されます

■吉岡 隆・高畠 克子編 20011225 『性依存――その理解と回復』,中央法規出版,225p. ISBN-10: 4805821558 ISBN-13: 978-4805821558 \2520 [amazon][kinokuniya] ※ addict m s00

■内容

内容(「BOOK」データベースより)
性的問題行動により生活に破綻を来たしている人々を「性依存症者」という。「性依存症」は、相談・治療によって回復が可能な病である。決して意志や人格の問題でも、処罰によって解決する問題でもない。本書では、性依存症者たちがどのように回復してきたかを綴った13編の手記と、性依存症者に対する米国での最先端の治療プログラムと日本における相談・治療の実践を紹介する。

内容(「MARC」データベースより)
性的問題行動により生活に破綻を来している「性依存症者」たちが、どのように回復してきたのか。性依存症者たちによる13編の手記と性依存症者に対する米国での最先端治療プログラムと日本における相談・治療の実践を紹介。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
吉岡 隆
1946年埼玉県生まれ。上智大学、同大学院卒業。ソーシャル・ワーカー。東京小児療育病院、東京都立松沢病院、埼玉県精神衛生センター、埼玉県川越児童相談所、埼玉県越谷児童相談所、埼玉県立精神保健総合センター、埼玉県所沢保健所を経て、1998年にこころの相談室「リカバリー」を開設。セルフヘルプ・グループとの協働をテーマに活動を続けている

高畠 克子
1944年香川県生まれ。東京大学心理学科卒業、ハーバード大学教育学部修士課程修了。臨床心理士。東京都立墨東病院、東京都立中部総合精神衛生センター、東京都精神医学総合研究所、東京フェミニスト・セラピー・センターなどを経て、2001年より武庫川女子大学大学院助教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次

第1章 性依存の相談と治療
 第1節 パトリック・カーンズ博士の実践
 第2節 キーストーンセンターでの実践
 第3節 アメリカでの治療の実践
 第4節 性的虐待と将来の性的逸脱行動―再犠牲化からの脱出
 第5節 治療・相談機関における性依存症者への援助
 第6節 性依存症相談の進め方

第2章 当事者が語る性依存
 本人の手記
 家族の手記

資料
 I DSM−W
 U セックスアホーリックス・アノニマスの文献等

■引用


■書評・紹介


■言及



*作成:八木 慎一
UP: 20110406 REV: 20110420
性(gender/sex)  ◇アディクション addiction  ◇精神障害/精神医療  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)