HOME > BOOK >

『民族とは何か』

関 曠野 20011220 講談社,230p.


このHP経由で購入すると寄付されます

■関 曠野 20011220 『民族とは何か』,講談社,講談社現代新書 230p. ISBN-10: 4061495798 ISBN-13: 978-4061495791 \756 [amazon] er

■出版社/著者からの内容紹介
知られざる「民族」の根本!
なぜ「民族」が地球上に成立し、しかも現代世界を読み解く上で欠かせない要素なのか。聖書の世界からヨーロッパの成立、現在の紛争までを明確に見通す。

■内容(「BOOK」データベースより)
なぜ「民族」が地球上に成立し、しかも現代世界を読み解く上で欠かせない要素なのか。聖書の世界からヨーロッパの成立、現在の紛争までを明確に見通す。

■著者紹介(表紙折り返し欄より)
関 曠野(せき・ひろの)
1944年東京生まれ。早稲田大学文学部卒業。共同通信社を経て、1980年より文筆業に専念。
専門は思想史、教育論。著書に『プラトンと資本主義』『ハムレットの方へ――言葉・存在・権力についての省察』(ともに北斗出版)、『みんなのための教育改革――教育基本法からの再出発』(太郎次郎社)など。

■目次

第一部
 第一章 「民族」という厄介な言葉
 第二章 民族と民族主義についてのさまざまな見解
 第三章 最初の民族国家――英国
 第四章 ヘブライ人――範例的民族

第二部
 第五章 民族になることの困難さ――フランス革命
 第六章 民族になることの不可能性――ドイツの場合
 第七章 20世紀――民族の世紀
 第八章 ロゴスとミメーシス

第三部
 第九章 日本人は民族たりうるか

結論


■引用


■書評


■言及


*作成:石田 智恵
UP:20080801 REV:
民族・エスニシティ・人種(race)  ◇BOOK  ◇身体×世界:関連書籍
 
TOP HOME(http://www.arsvi.com)