HOME > BOOK >

『イスラム原理主義――神は恐ろしい教えを下したのか』

岡倉 徹志 20011120 明石書店,238p.


このHP経由で購入すると寄付されます

■岡倉 徹志 20011120 『イスラム原理主義――神は恐ろしい教えを下したのか』,明石書店,238p. ISBN-10: 475031496X ISBN-13: 978-4750314969 \1500 [amazon][kinokuniya]

■内容
内容(「BOOK」データベースより)
ウサマ・ビン・ラディン、タリバン、自爆テロ、「イスラム原理主義」が主み出された背景と行動原理、そして米同時多発テロの根源的要因は? イスラムの歴史、教え、イスラム内面の苦悩など多様な視点からわかりやすく解き明かす。

内容(「MARC」データベースより)
危険、不寛容など負のイメージで語られる「イスラム原理主義」の本質を、イスラムの教え、歴史的背景などから浮き彫りにし「誤解」と「衝突」の原因と構造を明らかにする。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
岡倉 徹志
1937年、東京生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、毎日新聞社へ入社。カイロ支局長、外信部副部長、編集委員を経て、1991年より富山国際大学教授。専攻は中東、イスラム世界の現代政治、国際関係。日本国際政治学会、日本中東学会各会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次
第I章 世界を震撼させたアメリカ中枢部同時爆破テロ事件
 1 ニューヨーク・ワシントン同時爆破テロ事件
 2 ウサマ・ビン・ラディンの人物像とその仲間
 3 アル・カイーダとはどのようなテロ組織なのか
第II章 イスラムとは何か
 1 イスラムはいつ、どこで誕生したか
 2 預言者ムハンマド
 3 政教一致のイスラム共同体
 4 イスラムの教義と経典
 5 聖戦
 6 シーア派とスンニ派
 7 現代原理主義を準備したもの
第III章 イスラム原理主義
 1 ムスリム同胞団
 2 現代原理主義が生まれた背景
 3 現代世界のイスラム原理主義運動
  アフガニスタン
  エジプト
  パレスチナ
  アルジェリア
  サウジアラビア
  パキスタン
  イラン
  フィリピン
おわりに―報復でテロの悪循環を断ち、国際テロ組織を根絶できるのか
あとがき
付録 参考文献
 イスラム年表
 イスラム理解のためのキーワード

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:樋口 也寸志 
UP:20090703 REV:
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME(http://www.arsvi.com)