HOME > BOOK >

『定常型社会――新しい「豊かさ」の構想』

広井 良典 20010620 『定常型社会――新しい「豊かさ」の構想』,岩波新書,190p.


このHP経由で購入すると寄付されます

広井 良典 20010620 『定常型社会――新しい「豊かさ」の構想』,岩波新書,190p. ISBN-10: 4004307333  ISBN-13: 978-4004307334 700+税 [amazon] ※

■内容(「BOOK」データベースより)
経済不況に加え、将来不安から閉塞感をぬぐえない日本社会。理念と政策全般にわたる全体的構想の手掛かりは何か。進行する少子高齢化のなかで、社会保障改革はどうあるべきか。資源・環境制約を見据えて、持続可能な福祉社会のあり方を論じながら、「成長」にかわる価値の追求から展望される可能性を提示する、問題提起の書。



はじめに

第1章 現代の社会をどうとらえるか――環境・福祉・経済
基本的枠組み
二つの対立軸――富の成長と分配



第2章 個人の生活保障はどうあるべきか――ライフサイクルと社会保障
「インフォーマルな社会保障」とその解体
これからの社会保障

cf.
◆浅井 春夫・松本 伊知朗・湯澤 直美 編 20080415 『子どもの貧困――子ども時代のしあわせ平等のために』,明石書店,385p.  2300+税 ISBN-10: 4750327557 ISBN-13: 978-4750327556 [amazon] ※



第3章 福祉の充実は環境と両立するか――個人の自由と環境政策
機会の平等と潜在的自由
社会保障と環境政策の統合

cf.
◆Sen, A.K. (1992), Inequality Reexamined, Clarendon Press, ISBN: 0674452569 [amazon] = 19990715 池本幸生・野上裕・佐藤仁訳, 『不平等の再検討──潜在能力と自由』, 岩波書店, 263+63p., \3150, ISBN: 4000028782 [amazon]
◆松尾 匡・西川 芳昭・伊佐 淳 編 20050115  『市民参加のまちづくり【戦略編】──参加とリーダーシップ・自立とパートナーシップ』,創成社,228p.  2000+税  ISBN-10: 4794421907 ISBN-13: 978-4794421906 [amazon]
◆西川 芳昭・伊佐 淳・松尾 匡 編 20050215  『市民参加のまちづくり【事例編】──NPO・市民・自治体の取り組みから』,創成社,225p. 2000+税  ISBN-10: 4794421915 ISBN-13: 978-4794421913  [amazon]



第4章 新たな「豊かさ」のかたちを求めて――持続可能な福祉国家/福祉社会
「成長」という価値――経済システムの進化
定常型社会――時間観の転換
新しいコミュニティ――定常型社会における個人と公共性

cf.
◆「狼と香辛料 (電撃文庫) 」シリーズ
http://www.amazon.co.jp/gp/series/93690/
広井 良典 20000915 『ケア学――越境するケアへ』,医学書院,268p. ISBN:426033087X  2415 [amazon][kinokuniya][kinokuniya] ※ c04
◆内山 節 20050920 『「里」という思想』,新潮社,218p. 1100+税 ISBN-10: 4106035545 ISBN-13: 978-4106035548  [amazon]

参考文献
あとがき


*作成:横田陽子 *増補:北村健太郎
UP: 20080617 REV:20081204,20090419,23,0811

広井 良典  ◇人口(population)・少子化・高齢化  ◇身体×世界:関連書籍 2000-2004  ◇BOOK