HOME > BOOK >

『人格障害とは何か』

鈴木 茂 20010323 岩波書店,247p.

Tweet
last update:20170418

このHP経由で購入すると寄付されます


■鈴木 茂 20010323 『人格障害とは何か』,岩波書店,247p. ISBN-10:4000233572 ISBN-13:9784000233576 2300+ [amazon][kinokuniya] ※ m

■内容

[amazon]より

内容紹介

近年社会的話題になる犯罪の多くについて,人格の障害によるものと診断されることが少なくないが,はたして人格障害とは何か.社会の揺らぎと密接不可分に現像する現代的な精神病理について究明し続けてきた精神科医が,安易な解釈の仕方に警鐘をならし,より本質的な人間理解の視点を提示すべく論じた,書き下ろしによるタイムリーな本格的考察.
内容(「BOOK」データベースより)

過剰な「よい人」志向、ゆがんだ自己愛、「無垢であること」への強迫観念―「世界と自己との間の独特の不調和感」のなかで、善悪の判断基準を見失った人々。「人格障害」というレッテルを貼っただけでは、このきわめて現代的な精神事象の本質をとらえきることはできない。「境界例」とよばれる精神の病理に長年取り組んできたベテラン精神科医が、単純な類型化ではすくいきれない問題の根深さ・多様さを、具体的な症例に即して丁寧に考察。普遍的価値観を見失った現代社会の病理をみすえながら、個々人の「一回的なもの」である「人格」の意味をあらためて問い直す。
内容(「MARC」データベースより)

酒鬼薔薇聖斗、麻原彰晃、宮崎勤、佐賀バスジャック犯…。価値の座標軸を見失ってしまった現代社会。理解困難な新しい精神事象を、ベテラン精神科医が具体的な症例に即して考察。個々人の「人格」の意味をあらためて問い直す。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

鈴木/茂
1948年生まれ。73年東北大学医学部卒業。73-75年岩手県立南光病院、75-85年名古屋市立大学医学部精神科に勤務、マールブルク大学客員研究員を経て、現在、県西部浜松医療センター精神科科長、名古屋市立大学医学部非常勤講師。主著に『境界例vs分裂病』(金剛出版、1991)、『境界事象と精神医学』(岩波書店、1986、1999)。共著に『境界例』(日本評論社、1998)、『治療のテルモピュライ』(星和書店、1998)、『臨床精神医学講座第2巻 精神分裂病(1)』(中山書店、1999)、『〈こころ〉の定点観測』(岩波新書、2001)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次

第1章 人格とは何か
第2章 人格と障害
第3章 人格と病気
第4章 人格と善悪
第5章 人格と倫理

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:岩ア 弘泰
UP:20170418 REV:
精神障害/精神医療  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)