HOME > BOOK >

『語りかける身体――看護ケアの現象学』

西村 ユミ 20010320 ゆみる出版,269p.


このHP経由で購入すると寄付されます

西村 ユミ 20010320 『語りかける身体――看護ケアの現象学』,ゆみる出版,269p. ISBN-10: 4946509259 ISBN-13: 978-4946509254 2200+ [amazon][kinokuniya] ※ n04.

■西村 ユミ

1991年日本赤十字看護大学卒業後、神経内科病棟勤務。1997年女子栄養大学大学院栄養学研究科(保健学専攻)修士課程修了。2000年日本赤十字看護大学大学院看護学研究科(基礎看護学専攻)博士後期課程修了。現在日本赤十字看護大学基礎看護学II(成人)講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■内容(「BOOK」データベースより)

いわゆる植物状態と呼ばれる患者は外側から観察されるかぎり、なんのふるまいも声を発することも出来ず、他者との交流が不可能な存在とされている。しかし、実際にケアに携わる看護者たちは、彼らとの交流を確かなものとして実感し、はっきりとは見てとれないが経験の内に埋もれている“何か”に、著者の視線は向けられる。メルロ=ポンティの「身体論」を手がかりに“身体”固有の始源的次元へと立ち帰り、そのはっかりとは見てとれない関係を経験の内側から、看護者の視線から記述した画期的労作。

内容(「MARC」データベースより)
他者との交流が不可能とされるいわゆる「植物状態」の患者。だが看護婦たちは彼らとの交流を実感している。メルロ=ポンティの「身体論」を手がかりに身体固有の始源的次元へと立ち帰り、看護という営みそのものを論じる。

■目次

第1章 “植物状態患者の世界”への接近
 1 植物状態患者との出会い
    植物状態患者とは
    看護実践から見えること
 2 方法論的模索
    測定と観察から見えること
    データを抽象化すること
    メルロ=ポンティの<身体>へ
    〈身体〉固有の次元と実存的分析
    対話・語り・現象学的記述

第2章 看護経験の語り
 1 Tセンターでの経験
    Tセンターにおけるケアの目標
    出会うべくして出会った人
    プライマリーナースとしての直観
 2 受持ち患者との関わりをふり返る
    語り(1) 住田さんとの関わり
    語り(2) 横井さんとの関わり
    語り(3) 村口さんとの関わり
 3 経験のふり返りと気づき
    患者の価値
    開かれていること
    〈身体〉に沈澱していた過去の経験

第3章 “身体”を介して交流する看護ケア
 1 視線が絡む
 2 手の感触が残る
 3 タイミングが合う
    雰囲気をつかむ
    表情が出る
 4 交流が成立する基礎

第4章 臨床のいとなみへのまなざし
 1 探究のプロセスのふり返り
 2 看護研究における現象学的方法論の課題

注および文献
解説にかえて 臨床のまなざし、現象学の思考 鷲田清一
あとがき

■引用

■書評・紹介

■言及


*作成:山本 晋輔 
UP: 20090724 REV:
西村 ユミ  ◇看護・看護者・看護師(看護婦)  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)