HOME > BOOK

『グローバル化の遠近法――新しい公共空間を求めて』

姜 尚中・吉見 俊哉 20010227 岩波書店,247p.

last update: 20101228

このHP経由で購入すると寄付されます

姜 尚中吉見 俊哉 20010227 『グローバル化の遠近法―新しい公共空間を求めて』,岩波書店,247p. ISBN-10:4000226029 ISBN-13:978-4000226028  \2625 [amazon][kinokuniya] ※ pp

■内容

脱政治の動きに胚胎する「政治」の危険性と可能性、グローバル都市東京に登場した石原慎太郎、ネットワーク型メディアの普及がもたらしたもの、消費社会に見え隠れするナショナリズムと新しい市民運動―グローバル化がつきつける、さまざまなレベルでの変化を読み解きつつ、今この国に起きている地殻変動の意味、そして「新しい公共空間」のありようを探る。気鋭の研究者二人が、綿密な議論を重ねて共同で打ち出す、斬新な現代日本社会論。

■目次

はじめに
1章 グローバル化の遠近法
 一 二十世紀空間の地政学とアメリカニズム
  1 「危機の二十年」と「二十世紀空間」
  2 「破局の時代」に見えていたもの
  3 ニューディールから冷戦体制へ
 二 グローバル化を定義し直す
  1 グローバル化の「政治経済」と「文化政治」
  2 グローバル化の政治経済学
  3 グローバル化の文化政治学
 三 内破する公共空間の諸次元
  1 グローバル・ガバナンスの空間
  2 政治なるおのの位相転換
  3 新しい公共空間に向けての展望
2章 国家の退場、国家の過剰
 一 「一九七九年革命」と「一九九九年体制」
 二 「改革」のレトリック
 三 国際化されたナショナリズム
 四 国家のパラドックス
3章 グローバル・シティの逆説
 一 彼は、三たび勝利した
 二 ふたつの航路
 三 超東京化する東京
 四 越境するネットワーク都市
4章 ナショナル・メディアのゆらぎ
 一 ナショナルなメディア、ネーションの語り
 二 ナショナル・メディアとしてのテレビ
 三 解体するナショナル・メディア
 四 ナショナルな語りの逆襲?
5章 ナショナリティの彼方へ
 一 拡散するナショナリティ
 二 「戦後」の現像の解体
 三 ディアスポラ的な空間の可能性
6章 沖縄の問い
 一 沖縄が問いかけるもの
 二 日米をつなぐオキナワ
 三 沖縄海洋博と開発主義
 四 「ちゃんぷる文化」をめぐるまなざし
 五 さざめく公共空間
〈対談〉 新しい公共空間を求めて
文献一覧
あとがき

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:小辻 寿規
UP: 20101228 REV:
公共/公共哲学(public philosophy)/公共政策(public policy)   ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)