HOME > BOOK >

『ブッダは歩む ブッダは語る』

友岡 雅弥 20010101 第三文明社,222p.

Tweet
last update:20170729

このHP経由で購入すると寄付されます


■友岡 雅弥 20010101 『ブッダは歩む ブッダは語る』,第三文明社,222p. ISBN-10:4476032397 ISBN-13:978-4476032390 1300+ [amazon][kinokuniya]

■内容

[amazon]より

 ブッダのことばがどのような角度と強度で聴く人や社会に衝撃を与えたかを再現し、ゴータマ・ブッダの出現が果たした歴史的意義・社会的意義をいくつかの視点から見る。『第三文明』連載をまとめる。

■目次

第1部 ブッダと出会う―ブッダと弟子たちの対話(軽やかに生きる;殺人者アングリマーラ;悲哀とともに生きる;苦悩の声を命の全体で聴く;子を亡くした母の奇蹟 ほか)

第2部 ブッダは語る―ブッダの思想の歴史的意味(ブッダが見たもの;傲りは恐怖する;ブッダ儀式を否定する;内なる火を燃やせ;善への飛躍―ブッダの出家を巡って ほか)

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:岩ア 弘泰
UP:20170729 REV:
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)