HOME > BOOK >

『高群逸枝語録』

鹿野 政直・堀場 清子 編 20010116 岩波書店(岩波現代文庫),382p.

Tweet
last update: 20181022

このHP経由で購入すると寄付されます


■鹿野政直・堀場清子編 20010116 『高群逸枝語録』,岩波書店(岩波現代文庫),382p. ISBN-10: 4006030282 ISBN-13: 978-4006030285 [amazon][kinokuniya]

■内容

◆岩波書店Webサイト内の情報ページ
 https://www.iwanami.co.jp/book/b256277.html
 “昭和初期から戦後にかけて、日本女性史学の最初の歩みを独学で築いた高群逸枝。「世間並み、この言葉、呪われてあれ」と家制度を強烈に批判し、母系制の原理の論証へと導いた彼女の学問と、詩人・アナキスト評論家としての華々しい活躍の一方、主婦としての苦悩も抱えた波瀾に富んだ人生とを語録で跡付けた、1つの女性史入門。”

◆著者等紹介:[kinokuniya]
◇鹿野政直[カノマサナオ]
1931年大阪府生まれ。早稲田大学文学部卒業。元早稲田大学教授。著書に『婦人・女性・おんな』『近代日本の民間学』『資本主義形成期の秩序意識』など。
◇堀場清子[ホリバキヨコ]
1930年広島県生まれ。早稲田大学文学部卒業。詩誌『いしゅたる』主宰。著書に『わが高群逸枝』(橋本憲三と共著)『青鞜の時代』『禁じられた原爆体験』など。二人の共著に『高群逸枝』『祖母・母・娘の時代』など。

■目次

1 学問
 女性史の意義と目的
 多祖
 婿取
 性の商品化
 家父長制
2 人生
 巻頭に(『恋愛創生』より)
 新女性主義の提唱――結婚制度と強権教化
 婦人戦線に立つ
 性における強権主義の敗北
 家庭否定論
 世の醜男醜女に与う――美醜闘争論
 女性から見た男性
 出発の哲学
 新しい女教員の立場(抄)
 路地裏の気
 家出の詩
 誓い

■引用

▼鹿野政直「(第T部)解説」(pp.3-31) ▼堀場清子「(第U部)解説」(pp.209-233)

■書評・紹介


■言及

◆立命館大学産業社会学部2018年度後期科目《質的調査論(SB)》「石牟礼道子と社会調査」(担当:村上潔)


*作成:村上 潔
UP: 20181022 REV:
フェミニズム (feminism)/家族/性…  ◇母性(関連文献)  ◇石牟礼 道子  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)