HOME > BOOK >

『公共哲学』

佐々木 毅・金 泰昌 編 東京大学出版会


このHP経由で購入すると寄付されます

■佐々木 毅・金 泰昌 編 20020315 『経済からみた公私問題』(公共哲学 6),東京大学出版会,264p.ISBN:4-13-003416-2 3360[amazon][BK1] ※
□内容説明[bk1]
私的利益の追求のみによっては公共善は実現できない。では果たしてそこに国家が介入・統制することでその隘路を打開できるのか? 日本経済の問題をどう捉えるべきか? 経済と公共性に関する理論と現実の問題をえぐり出す。
□目次[amazon]
発題1 公私の問題と自発的な中間組織―公共の利益という視点から
発題2 社会的選択の観点からみた「公」「私」問題
発題3 財政問題からみた公私問題
総合討論1
発題4 グローバル化・リスク社会・公共的ルール
総合討論2
発展協議

■佐々木 毅・金 泰昌 編 20020405 『中間集団が開く公共性』(公共哲学7),東京大学出版会,397p.ISBN:4-13-003417-0 3990[amazon][BK1] ※
□内容説明[bk1]
公と私を媒介する中間集団は、公共性を考える上で、重要である。従来の中間集団である家族、町内会、コミュニティ、そして新しいそれとしてのボランティア組織、NPO、NGO。本巻は、新旧の中間集団からの可能性を探る。

■佐々木 毅・金 泰昌 編 20020516 『科学技術と公共性』(公共哲学 8), 東京大学出版会,350p.ISBN:4-13-003418-9 3990[amazon][BK1] ※ ** s
□内容説明[bk1]
科学技術の飛躍的発展は人類に多大な恩恵をもたらした反面、さまざまな点で人類の滅亡の危機の恐れも抱かせる。公共性の観点から、科学技術の公私問題と求められる倫理を考える。

■佐々木 毅・金 泰昌 編 20020715 『21世紀公共哲学の地平』(公共哲学 10), 東京大学出版会,434p.ISBN:4-13-003420-0 3990[amazon][BK1] ※
□内容説明[bk1]
「哲学・政治・経済・その他の社会現象を公共性という観点から統合的に論考する学問」である公共哲学をいかにして構想できるか。新しい公共性のあり方を近代以降の歴史と現代に則して探り、その可能性を考察する。


UP:20041102
BOOK
TOP HOME(http://www.arsvi.com)