HOME > BOOK >

『文化現象としての癒し――民間医療の現在』

佐藤 純一 編 20001210 メディカ出版,309p. 



1700円+送料で郵送いたします。


このHP経由で購入すると寄付されます

■佐藤 純一 編 20001210 『文化現象としての癒し――民間医療の現在』,メディカ出版,309p. ISBN-10: 4895731448 ISBN-13: 978-4895731447 [amazon][kinokuniya][bk1] ※ b m/s01

内容(「BOOK」データベースより)
πウォーター、アガリクス、プロポリス、紅茶キノコ、赤ワインのポリフェノール、断食、心霊治療…。近代医療との緊張関係のなかにある「民間医療」。その定義は?近年の癒しブームに潜む落とし穴は?また「健康」への欲望を増幅させるメディア空間とは?本格的民間医療批判論の誕生。

内容(「MARC」データベースより)
πウォーター、アガリクス、プロポリス、紅茶きのこ…。近代医療との緊張関係の中にある「民間医療」。その定義は? 近年の癒しブームに潜む落し穴は? 本格的民間医療批判論を展開する。〈ソフトカバー〉

◇佐藤 純一 20001210 「民間医療のトポロジー」
 佐藤純一編[2000:001-036]
村岡 潔 20001210 「民間医療のアナトミー」
 佐藤純一編[2000:037-075]
◇野村 一夫 20001210 「メディア仕掛けの民間医療――プロポリス言説圏の知識社会学」
 佐藤純一編[2000:077-141]
黒田 浩一郎 20001210 「民間医療と正統的医療の地政学的「関係」
 佐藤純一編[2000:143-183]
池田 光穂 20001210 「「癒し論」の文化解剖学」
 佐藤純一編[2000:185-209]
池田 光穂 20001210 「「心霊治療」におけるトリックとモラル」
 佐藤純一編[2000:211-246]
◇佐藤 純一 20001210 「「治る」と「効く」を語ること――民間医療の有効性」
 佐藤純一編[2000:247-284]
◇佐藤 純一 20001210 「民間医療に明日はあるか?――民間医療の未来学」
 佐藤純一編[2000:285-305]



医療社会学  ◇社会学  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME(http://www.arsvi.com)