> HOME BOOK


『ウェルカム・人口減少社会』

藤正 巖・古川 俊之 200010 文春文庫,203p. 


このHP経由で購入すると寄付されます

■藤正 巖・古川 俊之 200010 『ウェルカム・人口減少社会』,文春文庫,203p. ISBN: 4166601342 [kinokuniya] [amazon]

出版社/著者からの内容紹介
少子化と高齢化がピークに達する21世紀社会は、本当に住みにくいのか。世界有数の老人大国日本の歩むべき道を提示する画期的論考

内容(「BOOK」データベースより)
あと数年で世界一の高齢者大国になる日本。少子化が社会を支える人たちの減少を招くのではと恐れるあまり、老後に不安を感じる人が多いのも確かだ。しかし、生物学的にみれば「少子」は「少死」の結果であって、人類という種の宿命なのだ。すでにヨーロッパが経験しているように、生存の基礎条件さえしっかりしていれば、社会の高齢化を恐れることはない。……

目次

第1章 人口減少社会へのキーワード
第2章 生物寿命モデルと少子化問題
第3章 日本の将来の社会構造はどう変わるか
第4章 子供はなぜ生まれなくなったか
第5章 世界最初の人口減少社会・日本の将来
第6章 日本の社会変革を妨げていた既得権
第7章 成熟社会への羅針盤
終章 「尊敬される国」への選択

 cf.
 ◇立岩 真也 2001/01/15「二〇〇〇年読書アンケート」
  『みすず』42-1(2000-1)
 ◇立岩 真也 2000/12/15「二〇〇〇年の収穫」
  『週刊読書人』2366:2



人口  ◇BOOK
TOP HOME(http://www.arsvi.com)