HOME > BOOK >

『カルチュラル・スタディーズ入門』

上野 俊哉, 毛利 嘉孝 20000900 筑摩書房,254p.


このHP経由で購入していただけたら感謝

■上野 俊哉, 毛利 嘉孝 20000900 『カルチュラル・スタディーズ入門』,筑摩書房,254p. ISBN-10: 4480058613 798円 [amazon]



■出版社/著者からの内容紹介
内容(「BOOK」データベースより)
 日常生活の問題を研究対象とするカルチュラル・スタディーズは、理論と実践をつなぐ運動である。サブカルチャー、メディア、ジェンダー、エスニシティ…などの研究を通じてカルチュラル・スタディーズが目指しているものは何か。体制的なものと反体制的なもの、権威の中心と外側、といった二項対立を突き崩しながら文化と政治の関係を考える、最も新しい理論/実践の運動を始めるための入門書。

■目次

 第1章 カルチュラル・スタディーズとは何か(イギリスにおける前史 フランクフルト学脈とカルチュラル・スタディーズ 構造主義と記号論 バーミンガム現代文化研究センターとサッチャリズムの時代 ほか)
 第2章 何を扱っているのか(メディアを研究すること サブカルチャー論 カルチャル・スタディーズのフェミニズム 人種主義・本質主義・警察的管理 ほか)
 第3章 カルチュラル・スタディーズの現在(日本におけるカルチュラル・スタディーズ 都市研究と空間論的転回)


■紹介・引用


■書評・言及




*作成:西嶋 一泰
UP:20120130 REV:200*****
BOOK
TOP HOME(http://www.arsvi.com)