HOME > BOOK >

『生と死のケアを考える』

カール・ベッカー 編 20000910 法蔵館,325p.


このHP経由で購入すると寄付されます

■カール・ベッカー 編 20000910 『生と死のケアを考える』,法蔵館,325p.
 ISBN-10: 4831872644 ISBN-13: 978-4831872647 2940 [amazon] ※ b d01 t02

■内容(「BOOK」データベースより)
日本社会の崩壊の根底にある、個人の「死生観」のゆらぎをどう建て直すか。ターミナルケア、エイズ、教育、法医学、心理学、宗教などの視点から「人の死」の真実を見つめ、命の本質を問う、第一線12人による力作論考集。

■内容(「MARC」データベースより)
日本社会の崩壊の根底にある、個人の「死生観」のゆらぎをどう建て直すか。ターミナルケア、エイズ、教育、法医学、心理学、宗教などの視点から「人の死」の真実を見つめ、命の本質を問う論考集。

■目次
序章 ポルノ化した「死」
T 生と死をどう考えるか
 第1章 学校で「死」を教える
 第2章 死にゆく過程と人生の物語
 第3章 死をめぐる共同体――葬送を通して見えてくるもの
 第4章 ふつうの死
U 医師・患者・ボランティア
第5章 ケアの力学
 第6章 医師に求められるもの
 第7章 来世を信じることは死の不安をやわらげるか――がん医療の現場から
 第8章 韓国のホスピス運動
V ホスピスとターミナルケア
 第9章 末期医療へのあらたなる視座
 第10章 スピリチュアルケアということ
 第11章 患者のこころを支えるために――ホスピスとビハーラにおける宗教的援助の試み
 第12章 日本的なターミナルケアを目指して――患者の生と死の質をどう評価するか
終章 命のゆらぐ時代を超えて


UP:20071117 REV:2007
ターミナルケア  ◇  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME(http://www.arsvi.com)