HOME > BOOK >

『ユニットケアのすすめ――特養・老健でも、宅老所・グループホームのような家庭的なケアができる。』

辻 哲夫・大熊 由紀子・武田 和典・外山 義・高橋 誠一・泉田 照雄 20000805 全国コミュニティライフサポートセンター,270p.


このHP経由で購入すると寄付されます

■辻 哲夫・大熊 由紀子・武田 和典・外山 義・高橋 誠一・泉田 照雄 20000805 『ユニットケアのすすめ――特養・老健でも、宅老所・グループホームのような家庭的なケアができる。』,全国コミュニティライフサポートセンター,270p. ISBN-10: 4887202679 ISBN-13: 978-4887202672 \2835 [amazon][kinokuniya] ※ i05 b

■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
高橋 誠一
1957年北海道生まれ。札幌大学助教授を経て、東北福祉大学助教授。在宅福祉・地域福祉に関心をもちつづけ、ケース(ケア)マネジメントの研究に10年の実績をもつ。理想的なケースマネジメントの研究のなかで、グループホーム・宅老所にたどりついた

武田 和典
1976年東北福祉大学卒。’80年に知的障害者施設・石川更正園、’89年に宇津峰十字の里開設にかかわり、理事・副園長をつとめる。’94年特別養護老人ホーム・シオンの園を開設。理事、園長として運営にたずさわる。現在は、きのこ老人保健施設副施設長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■内容
内容(「BOOK」データベースより)
日本で初めてユニットケアの入門書。ユニットケアは暮らしをともにするケア、さらには暮らしを楽しむケアを作り出す方法です。特別養護老人ホームや老人保健施設を変えるための事例と解説が、ぎっしり。

内容(「MARC」データベースより)
ユニットケアは暮しをともにするケア、さらには暮しを楽しむケアを作り出す方法です。特別養護老人ホームや老人保健施設を変えるための事例と解説を満載。〈ソフトカバー〉

■目次

Part1 日本におけるユニットケアの可能性 全国セミナーを終えて――日本の高齢者福祉の質的変革が起こっている 辻 哲夫
Part2 誌上シンポジウムユニットケアの意義――ユニットケアの今、そして今後 外山 義+大熊 由紀子+武田 和典+高橋 誠一
Part3 ユニットケアを始める人たちへ――ユニットケアの重要ポイント 武田 和典+高橋 誠一+泉田 照雄
Part4 ユニットケアを支える心――ある老人ホームがユニットケアを作りあげるまで 武田 和典
Part5 ユニットケアの実践――日本の先進事例を紹介・解説 泉田 照雄

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:山本 晋輔
UP: 20090817 REV:
施設  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
 
TOP HOME(http://www.arsvi.com)