HOME > BOOK >

『身体:よみがえる』(越境する知・1)



このHP経由で購入すると寄付されます

■栗原 彬・小森 陽一・佐藤 学・吉見 俊哉 編 20000707 『身体:よみがえる』(越境する知・1),東京大学出版会,290p. ISBN-10: 4130034014 ISBN-13: 978-4130034012 2600 [amazon][kinokuniya] ※ b

◆出版社からのコメント
出版社 こやま, 2002/04/11
近代知の内破をめざすシリーズ第1巻
知の営為は,身体なき言葉と言葉なき身体との狭間をつなぐ無限の企てである.言葉を声へと体現し,身体の波動を語りへと結晶させる.その往還の中から知の身体が姿を現わす.身体なき言葉は語りの文体となり,言葉なき身体は私という主体を構成する.触れると世界は変容し,交われば社会が変容し,耳をすませば私の場所が変化していく.本巻は,徹頭徹尾,こうした身体の作法にこだわるところから,近代知の内破をめざす.

〈主要目次〉
プロムナード・身体をめぐる断章(栗原 彬・佐藤 学)
[I] 生成への始動
 1 2001年の身体(宇野邦一)
 2 <からだ>の情景:子供と身体表現をめぐって(如月小春)
 3 共生する身体:セクシュアリティを肯定すること(安積遊歩)
 4  聖母の身体:キリスト教における女性の身体観(若桑みどり)
[II] 闘争の現場
 5 戦争と植民地の展示:ミュージアムの中の「日本」(千野香織)
 6  「合理化運動」のなかの身体(鎌田 慧)
 7 身体の武術的転換のために(甲野善紀・前田英樹)
[III] 身体の越境
 8 表現拠点の身体(宇佐美圭司)
 9 あらゆるところに同時にいる:ジェームス・ギブソンの身体論(佐々木正人)
 10 建築する身体(荒川修作)

【編集担当から】
 編者の初顔合わせが1995年末.熱を帯びたスリリングな編集会議やシンポジウムが3年近く続きました.ご自身を<内破>するのに容赦ない編者の『内破する知』,その心意気に超活躍中の著者たちが真正面から応えてくださったのがこのシリーズです.自分自身の生き方が問われ,自分自身を<内破>せざるをえないところに導かれてしまう重い中身が,論文や座談など種々の表現形態で衝きつけられます.セクシュアリティの問題,戦争責任の問題,暮らし方の問題……感動的なエッセイがいっぱい詰まっていて,ここでその魅力は伝え切れません.ぜひ手にとって見てください.

◆目次

栗原 彬・佐藤 学 20000707 「プロムナード・身体をめぐる断章」
 栗原・小森・佐藤・吉見編[20000707:001-013]
宇野 邦一 20000707 「2001年の身体」
 栗原・小森・佐藤・吉見編[20000707:017-038]
如月 小春 20000707 「<からだ>の情景――子供と身体表現をめぐって」
 栗原・小森・佐藤・吉見編[20000707:039-059]
安積 遊歩 20000707 「共生する身体――セクシュアリティを肯定すること」
 栗原・小森・佐藤・吉見編[20000707:061-078]
若桑 みどり 20000707 「聖母の身体――キリスト教における女性の身体観」
 栗原・小森・佐藤・吉見編[20000707:079-106]
千野 香織 20000707 「戦争と植民地の展示――ミュージアムの中の「日本」」
 栗原・小森・佐藤・吉見編[20000707:109-143]
鎌田 慧 20000707 「「合理化運動」のなかの身体」
 栗原・小森・佐藤・吉見編[20000707:145-165]
甲野 善紀・前田 英樹 20000707 「身体の武術的転換のために」
 栗原・小森・佐藤・吉見編[20000707:167-194]
宇佐美 圭司 20000707 「表現拠点の身体」
 栗原・小森・佐藤・吉見編[20000707:197-223]
佐々木 正人 20000707 「あらゆるところに同時にいる――ジェームズ・ギブソンの身体論」
 栗原・小森・佐藤・吉見編[20000707:225-247]
荒川 修作 20000707 「建築する身体」
 栗原・小森・佐藤・吉見編[20000707:249-290]


◆「栗原彬・小森陽一・佐藤学・吉見俊哉 編 越境する知[全6巻]――「近代の知」の編制を内側から突き崩す挑戦」
 (東京大学出版会のホームページ内)
 http://www.utp.or.jp/shelf/series/ekkyou.html
 cf.東京大学出版会
 http://www.utp.or.jp/index.html

◆「技法」から「越境」へ シリーズ「越境する知」の誕生
 (「[本]のメルマガ」内)
 http://www.aguni.com/hon/back/todai/01.html
◆「技法」から「越境」へ シリーズ「越境する知」の誕生[後編]
 (「[本]のメルマガ」内)
 http://www.aguni.com/hon/back/todai/02.html

◆栗原 彬・小森 陽一・佐藤 学・吉見 俊哉 編 20000707
 『身体:よみがえる』(越境する知・1) 東京大学出版会,290p. 2600 ※
◆栗原 彬・小森 陽一・佐藤 学・吉見 俊哉 編 20000808
 『語り:つむぎだす』(越境する知・2) 東京大学出版会,317p. 2600 ※
◆栗原 彬・小森 陽一・佐藤 学・吉見 俊哉 編 20000907
 『言説:切り裂く』(越境する知・3) 東京大学出版会,285p. 2600 ※
◆栗原 彬・小森 陽一・佐藤 学・吉見 俊哉 編 20001130
 『装置:壊し築く』(越境する知・4) 東京大学出版会,317p. 2600 ※
◆栗原 彬・小森 陽一・佐藤 学・吉見 俊哉 編 20010625
 『文化の市場:交通する』(越境する知・5) 東京大学出版会 2600 ※
◆栗原 彬・小森 陽一・佐藤 学・吉見 俊哉 編 20010323
 『知の植民地:越境する』(越境する知・6) 東京大学出版会,286p. 2600 ※


UP:2001
BOOK
TOP HOME(http://www.arsvi.com)