HOME > BOOK >

『障害者が社会に出る――その後の五人の人生』

松兼 功 20000410 筑摩書房, 200p


このHP経由で購入すると寄付されます

■松兼 功 20000410 『障害者が社会に出る――その後の五人の人生』,筑摩書房,200p. 120060 ISBN-10: 4480042369 ISBN-13: 978-4480042361 [amazon] ※ d

■内容(「BOOK」データベースより)
好きで引き受けたわけじゃない障害に、一度しかない人生を台無しにされてはたまらない。でも、ちょっと気を抜くと「障害者なんだから就職なんかしなくてもいい」「家庭なんかもたなくてもいい」と、社会のカベが容赦なく立ちはだかってくる。養護学校を出た男女五人は、そんなカベをどのようにクリアしていったのか。「バリアフリー」の先駆者たちの20年を、重度障害者の著者が綴る。

■内容(「MARC」データベースより)
「障害者なんだから…」 容赦なく立ちはだかってくる社会のカベ。養護学校を出た男女5人は、そんなカベをどのようにクリアしていったのか。「バリアフリー」の先駆者たちの20年を重度障害者の著者が綴る。〈ソフトカバー〉

■目次
プロローグ 「重度障害者」からのはみだし方
1 前例がなければ前例をつくる―国税庁に直訴した佐藤欣也君の場合
2 養護学校を出て実感した障害―転職を重ねた森猛君の場合
3 障害と向き合った人生設計―公認会計士になった石黒信二君の場合
4 声で子供の手を引く―OLを経て家庭に入った増渕久美子さんの場合
5 毎日が波瀾万丈―「拒否される人生」を拒否する佐藤三千代さんの場合
エピローグ 「養護」から「共生」へ

■紹介・引用



UP:20080403
障害  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME(http://www.arsvi.com)