HOME > BOOK >

『臓器移植 我,せずされず』

池田 清彦 20000401  小学館文庫,222p. 

last update:20100822

このHP経由で購入すると寄付されます

池田 清彦 20000401  小学館文庫,222p. [amazon][kinokuniya]

■内容

脳死判定、臓器移植、人工臓器、遺伝子治療…現代医療テクノロジーの進歩は、われわれ現代人に鋭く死生観の再検討を迫っている。 「臓器移植以外に助からないと言われた人がなんとしても臓器を欲しいと思う気持ちは誰も非難できない」。 しかし、医療技術礼讃の現代にあえて問いたい。 人の死とは、生とは何か?医療、技術、経済、倫理、死生観…あらゆる見地から「臓器移植への反論として、はじめて論理的な問題を明確にした」(解説・養老孟司)。 (紀伊国屋bookwebより)

■目次


序章 反・脳死臓器移植の思想
第1章 死とはどういうことか
第2章 脳死はペテンである
第3章 死の自己決定権について
第4章 人工妊娠中絶と脳死
第5章 臓器移植は欠陥医療である
第6章 ドナーとレシピエントの非対称性
第7章 ドナーになるのは善行なのか
第8章 アンチ・コントロールの思想
第9章 ポスト脳死臓器移植の時代―二十一世紀の医療の問題点


■引用

■書評・紹介

.立岩 真也 20010804 「池田清彦+金森修『遺伝子改造社会あなたはどうする』について」

■言及



UP: 20100822 
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)