>HOME >BOOK

『カウンセリング・幻想と現実』

日本社会臨床学会 編 200001 現代書館


このHP経由で購入すると寄付されます

■日本社会臨床学会 編 200001 『カウンセリング・幻想と現実 上巻 理論と社会』,現代書館,326p. ISBN:4-7684-3419-3 3150 [kinokuniya][amazon][bk1] ※
■日本社会臨床学会 編 200001 『カウンセリング・幻想と現実 下巻 生活と臨床』, 現代書館,342p. ISBN:4-7684-3420-7 3150 [kinokuniya][amazon][bk1] ※

◆上巻

□内容説明[bk1]
カウンセリングの思想と技法に疑問と批判を提起し、現代社会を考察するシリーズ。上巻は、歴史と原理に焦点をおき、理論そのものが持つ問題点を、現代社会との関連において検討する。

□目次
カウンセリングの歴史と原理 小沢 牧子著 16-67
戦後日本におけるロジャーズ理論 林 延哉著 68-123
戦後精神医療とカウンセリング 赤松 晶子著 124-158
生涯学習・管理社会におけるカウンセリング 中島 浩籌著 160-211
消費社会の神話としてのカウンセリング 井上 芳保著 212-257
感情労働とカウンセリング 石川 准著 258-281
資格社会とカウンセリング 佐々木 賢著 282-321

◆下巻

□内容説明[bk1]
カウンセリングの思想と技法に疑問と批判を提起し、現代社会を考察するシリーズ。下巻は、病院・地域医療・企業・教育の場・解放・自立論・災害時のカウンセリングの問題点を検討する。

□目次
病院精神医療とカウンセリング 三輪 寿二著 18-47
地域精神医療とカウンセリング 広瀬 隆士著 48-94
職場のメンタルヘルス対策とカウンセリング 武田 利邦著 95-120
阪神淡路大震災・PTSD・心のケア 大野 光彦著 121-150
児童相談現場とカウンセリング 三浦 高史著 152-192
学校現場とカウンセリング 渡部 千代美著 193-207
相談室という現場とカウンセリング 島根 三枝子著 208-230
臨床的営為とカウンセリング 加藤 彰彦著 231-272
女性とフェミニストカウンセリング 佐藤 みどり著 274-307
ピア・カウンセリングを考える 篠原 睦治著 308-337


◆20000127 平井さんより

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
カウンセリング批判の本を出しました
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 このたび、現代書館から日本社会臨床学会編『カウンセリング・幻想と現実』が発
刊されました。
 ここ数年カウンセリングはブームともいわれるような状態にあり、社会の様々な領
域に浸透しつつあります。こういった事態をどのように捉え、どのように批判してい
くのかというテーマは私たち社会臨床学会にとってはもっとも重要な課題の一つとな
っています。その課題に迫っていく作業を私たちはこれまで総会や学習会といった場
で行ってきました。そこでの議論をふまえ、各執筆者がそれぞれの立場から批判的な
検討を更に重ね、社会臨床学会のメンバーは勿論、学会外の人たちに対してもカウン
セリングが持つ問題性をアッピールしていこうというのが本書のねらいの一つです。
 本書は上下巻の二冊に分かれています。上巻は「理論と社会」と名付け、カウンセ
リングの理論そのものに焦点を当てた第1部と、現代社会に対する考察を行う中でカ
ウンセリングを考えていく第2部で構成されています。下巻は「生活と臨床」で、学
校、病院、地域といった現代社会の諸領域でカウンセリングがどのような役割を果た
そうとしているのか、それぞれの場での生活にどのような影響を与えようとしている
のかを検討していきます。
 以下は各巻の章立てと執筆者です。
_____________________________________________________
上巻 理論と社会

第1部 カウンセリングの歴史と理論
 第一章 カウンセリングの歴史と理論              小沢牧子
 第二章 戦後日本におけるロジャーズ理論――学校教育を中心に  林 延哉
 第三章 戦後精神医療とカウンセリング――個人史の視座から   赤松晶子
第2部 現代社会論とカウンセリング
 第四章 生涯学習・管理社会におけるカウンセリング       中島浩籌
 第五章 消費社会の神話としてのカウンセリング         井上芳保
 第六章 感情労働とカウンセリング               石川 准
 第七章 資格社会とカウンセリング               佐々木賢
 あとがき
______________________________________________________
下巻 生活と臨床

第3部 医療・管理とカウンセリング
 第一章 病院精神医療とカウンセリング            三輪寿二
 第二章 地域精神医療とカウンセリング            広瀬隆士
 第三章 職場のメンタルヘルス対策とカウンセリング      武田利邦
 第四章 阪神淡路大震災/PTSD/心のケア            大野光彦
第4部 子ども・若者・学校とカウンセリング
 第五章 児童相談現場とカウンセリング            三浦高史
 第六章 学校現場とカウンセリング              渡部千代美
 第七章 相談室という場とカウンセリング           島根三枝子
 第八章 臨床的営為とカウンセリング――個人史の視座から   加藤彰彦
第5部 解放・自立論とカウンセリング
 第九章 女性とフェミニストカウンセリング          佐藤みどり
 第十章 ピア・カウンセリングを考える            篠原睦治
 あとがき
______________________________________________________
上下巻とも3000円です。

注文は最寄りの書店、あるいは直接現代書館に。(現代書館 http://www.gendaishokan.co.jp/)
なお、図書館に注文していただけると、多くの方に読んでいただける機会が増え、あ
りがたいです。

■紹介・言及

◆立岩 真也 2002/12/25「サバイバーの本の続き・2」(医療と社会ブックガイド・22),『看護教育』43-11(2002-12):(医学書院)


UP:20040908(ファイル分離)REV:20090712
日本社会臨床学会  ◇精神障害・精神障害者文献
TOP HOME(http://www.arsvi.com)