HOME > BOOK >

『社会を越える社会学――移動・環境・シチズンシップ』

Urry, John 2000 Sociology Beyond Societies,Routledge
=20060512 吉原 直樹 監訳、武田 篤志・伊藤 嘉高 訳,法政大学出版局,462p.

last update:20111219

このHP経由で購入すると寄付されます

■Urry, John 2000 Sociology Beyond Societies,Routledge =20060512 吉原 直樹 監訳、武田 篤志・伊藤 嘉高 訳 『社会を越える社会学――移動・環境・シチズンシップ』,法政大学出版局,462p. ISBN-10:4588008455 ISBN-13:978-4588008450 \5250 [amazon][kinokuniya] ※ s g03

■内容

内容(「BOOK」データベースより)
市民社会論と時間・空間論を両輪に、レジャーや仕事のための旅行から、情報や廃棄物、都市テロや伝染病の移動・越境までを縦横に論じ、ポスト国民国家における脱中心的な市民社会を予見する。

内容(「MARC」データベースより)
レジャーや仕事のための旅行から、情報や廃棄物、都市テロや伝染病の移動・越境まで、モノ、コト、ヒトが「社会を越える」ことによって社会学がどのような方向にむかっていくのかを問い質す。

Book Description
In this ground-breaking contribution to social theory, John Urry argues that, if sociology is to make a pertinent contribution to the global era, it must abandon its original aim--the study of society as a set of institutions--and switch focus instead to the study of both physical and virtual movement. --このテキストは、 ペーパーバック 版に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
アーリ,ジョン
1946年に生まれる。ケンブリッジ大学で経済学を専攻し、その後、社会学で博士号を取得する。1970年からランカスター大学で講師・助教授を歴任し、1985年以降は同大学社会学科の主任教授を務めている

吉原 直樹
1948年、徳島県に生まれる。1972年、慶應義塾大学経済学部卒業。1977年、慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程修了。社会学博士。立命館大学助教授、神奈川大学教授を経て、東北大学大学院文学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次

凡例
謝辞
日本語版への序文

第1章 社会
 はじめに
 「社会などというものは存在しない」
 社会学のさらなる新しい方法的規準

第2章 メタファー
 はじめに
 移動性のメタファー
 グローバルなもののメタファー
 球体と圏域

第3章 旅行
 はじめに
 身体的旅行
 モノの移動
 想像上の移動
 バーチャルな旅行
 結び

第4章 感覚
 はじめに
 視覚性
 嗅ぐこと、聴くこと、触ること
 結び

第5章 時間
 はじめに
 社会的時間と生きられる時間
 自然の時間と社会の時間
 瞬間的時間
 結び

第6章 居住
 居住とコミュニティ
 ローカルな帰属
 ブント
 文化遺産、国民、ディアスポラ
 結び

第7章 シチズンシップ
 はじめに
 シチズンシップをめぐる論争
 シチズンシップと環境
 グローバルな市民
 結び

第8章 社会学
 庭園師と猟場番人
 移動する市民社会
 移動を調整する
 移動する自然
 複雑な移動性
 結び

訳注
監訳者あとがき

邦訳参考文献
参考文献
事項索引
人名索引

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:樋口 也寸志
UP:20111219 REV:
社会学 sociology ◇グローバリゼーション  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)