HOME > BOOK >

『誰か死ぬのを手伝って――闘う障害者はなぜ安楽死を選んだのか』

Lorand, Jean-Marie 2000 Aidez-moi a mourir, Editions Labor
=20020228 稲松三千野訳,原書房,282p. ASIN: 4562034815 1890


このHP経由で購入すると寄付されます

■Lorand, Jean-Marie 2000 Aidez-moi a mourir, Editions Labor=20020228 稲松三千野訳,『誰か死ぬのを手伝って――闘う障害者はなぜ安楽死を選んだのか』,原書房,282p. ASIN: 4562034815 1890 [amazon] ※ b d01 et ts2007a

商品の説明
内容(「BOOK」データベースより)
10歳から車椅子生活を余儀なくされたジャン=マリ・ロランは、世界を旅し、会社を起こし、メディアで障害者の権利を訴え、51歳でその生涯を終えた。インターネットで募集した医師の手を借りた安楽死だった。「お祭り騒ぎと女性を愛する」と率直に語り、成功を目指して激しく生きた彼が、死を目前に遺した自伝。

内容(「MARC」データベースより)
インターネットで募集した介助者の手を借りて、ジャン=マリ・ロランは安楽死を遂げた。車椅子で世界を旅し、起業し、障害者の権利を訴えてきた彼の生きざまとは? 障害者として激しく生きた男が、死を目前に遺した自伝。

目次
全ては歓喜のうちに始まった
発病
ブガヴ―ゴマ間の街道沿いにて
初めて学校生活を試みる
ウスンブラの思い出
スイス、レマン湖畔の希望と失望
コンゴ独立
辛い別れ
アフリカよさらば
家庭生活のパラドックス
……
 死ぬための計画 248-

UP:20070321 REV:
安楽死・尊厳死  ◇フランス  ◇BOOK
TOP HOME(http://www.arsvi.com)