HOME > BOOK >

『フィデル・カストロ 20世紀最後の提言―グローバリゼーションと国際政治の現況』

Castro, Fidel ; Deutschmann, David ed. c2000 Capitalism in Crisis
=20050722 渡辺 邦男,現代書館,403p.

last update:20110228

このHP経由で購入すると寄付されます

■Castro, Fidel ; Deutschmann, David ed. c2000 Capitalism in Crisis =20050722 渡辺 邦男 『フィデル・カストロ 20世紀最後の提言―グローバリゼーションと国際政治の現況』,現代書館,403p. ISBN-10:4768488862 ISBN-13:978-4768488867 \4410 [amazon][kinokuniya] ※

■内容


内容(「BOOK」データベースより)
カストロ議長は、新自由主義のグローバル化を批判し、市場主義経済の不公正を指摘し、米国一極化の国際政治に警鐘を鳴らす。米ドルの支配する世界、地球規模の環境問題、資本主義の行く末など、注目すべき提言に満ちた演説集。

内容(「MARC」データベースより)
カストロ議長は新自由主義のグローバル化を批判し、市場主義経済の不公正を指摘し、米国一極化の国際政治に警鐘を鳴らす。米ドルの支配する世界、地球規模の環境問題、資本主義の行く末など、注目すべき提言に満ちた演説集。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
渡辺 邦男
1939年生、早稲田大学卒。出版社勤務後フリーとなり、現在、フランス・中国・キューバなどを旅する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次


編者前書き
第1章 経済に奇跡なし
第2章 真にグローバル化された世界のために
第3章 地球規模の経済危機
第4章 歴史に終わりはない
第5章 大いなる危機は常に大いなる解決をもたらす
第6章 アフリカの尊厳誕生の地 ソウェト
第7章 低開発―居座り型ハリケーン
第8章 理念の闘い
第9章 国家主権とユーゴスラビア戦争
第10章 帝国の限界
第11章 グローバル化は引き返せない現実だ
第12章 今日の夢は明日の現実である
第13章 第三世界は団結せざれば死あるのみ
第14章 IMFを廃止に追い込もう
解説
訳者後書き

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:樋口 也寸志
UP:20110228 REV:
アフリカ ◇『断裂社会――第三世界の新しい民衆運動』 ◇『逆説としての現代――みすず・対話篇』 ◇自由・自由主義 リベラリズム  ◇身体×世界:関連書籍 2005-2009  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)