HOME > BOOK >

『薬害ヤコブ病――見過ごされた警告』

井本 里士 19991225 かもがわ出版,291p.

last update: 20140212

このHP経由で購入すると寄付されます

■井本 里士 19991225 『薬害ヤコブ病――見過ごされた警告』,かもがわ出版,291p.  ISBN:4876994919 ISBN-13: 978-4876994915 1800+ [amazon][kinokuniya] cjd. d07.

■内容

・ブックレビュー社(「amazon」より転載)
"第2の薬害エイズ"とされるヤコブ病患者の家族の闘病記録と大津裁判での緊迫のやり取り
「第1章 異変」にそえられた扉の写真から,引き込まれるように読んだ。当時41歳だった谷たか子さんが体調を崩して入院,震える手で「ゆうべはこわいゆめをみた。わたしのゆめをぜんぶけそうとしている」と記したメモである。縦書きと横書きが混在し,文字も乱れている。快活だったたか子さんは,このメモを最後に文章を書けなくなり,意識もはっきりしなくなる。大学病院でようやく診断がついた。イギリスから始まった狂牛病騒ぎで一般人にもその病名が知られた致死性の痴呆症,クロイツフェルト・ヤコブ病だったというのである。

ヤコブ病はプリオンという感染性の蛋白粒子によって伝染するとされ,初期は軽い痴呆症状であるが,次第に言語障害や意識障害などが起こって痴呆症が進み,最終的にはまったく動くことができなくなる。有効な治療法は現在のところはない。

夫である三一さんは,狂牛病をきっかけに発足した厚生省の研究班の新聞記事を目にした。ヤコブ病患者の中に,脳の開頭手術の際に医療材料であるヒト乾燥硬膜の移植を受けた患者が含まれていたという内容である。たか子さんは1989年に,脳外科で手術を受けていた。これが原因と直感した三一さんは医師の紹介状を開封する。そこには硬膜移植を受けていたことが記述されていた。

三一さんが友人と開催した勉強会で,硬膜移植の危険性について米国立防災センター(CDC)が87年に警告し,危険性の高い製品については回収を指示していたことが判明。大津市や厚生省,硬膜の輸入会社を訴えることになった。大津訴訟の第1次提訴である。厚生省が乾燥硬膜の使用停止と回収を通知したのは97年3月,提訴の4カ月後である。

筆者は毎日放送のディレクターで,98年3月に「映像90 薬害ヤコブ病 谷たか子の闘病記録」を制作した。同ドキュメンタリーは,評価が高く,数々の賞を受賞したほか,厚生省に対する国会質問に引用されたり,小渕前首相の答弁でも言及されたほど。続編である「映像90 薬害ヤコブ病 見過ごされた警告」も含む取材過程で収集した膨大な資料をもとに執筆した。

本書は,数多くの文献や取材を積み上げて論理を展開している。ヤコブ病を含む脳や神経の難病を研究するため,厚生省が設置していた遅発性ウイルス研究班の報告書のすべてに目を通した筆者は,外科手術がヤコブ病感染に影響を及ぼしている危険性を同研究班では認めていたにもかかわらず,CDCの警告を反応できなかった研究者と厚生省について責任を糾弾している。

圧巻なのは,大津訴訟の裁判における生々しいやりとりである。国側の証人として立った脳神経外科の教授は,硬膜が使用禁止になっても手術は不可能ではなかったことや,汚染した硬膜によってヤコブ病患者が発生したことが脳神経外科医にとっても「痛恨」の事件だったと感想を述べている。ヤコブ病などのプリオン病の権威が,米国における警告を重大なことと認識しなかったことの責任を問われている様も,印象的である。
(明治生命フィナンシュアランス研究所 主任研究員 藤森 敏雄)
(Copyrightc2000 ブックレビュー社.All rights reserved.)

・(「BOOK」データベースより)
厚生省「危機意識の欠乏」がまたも薬害を引きおこした!脳外科手術などの際に移植される『ヒト乾燥硬膜』。この硬膜移植について米・食品薬品局が1987年にヤコブ病感染の危険性を警告していた。が当時、厚生省は回収はおろか、なんらの対策も取らず、使用禁止の措置を決定したのは、なんと10年後のことであった。今も被害者が増えつづけている薬害ヤコブ病。発生から裁判での闘いまでを克明につづる。日本ジャーナリスト会議奨励賞・坂田記念ジャーナリズム賞など受賞。

・(「MARC」データベースより)
脳外科手術などの際に移植される「ヒト乾燥硬膜」。米・食品医薬品局がヤコブ病感染の危険性を警告していたにも関わらず、厚生省は何の対策も講じなかった。発生から裁判での闘いまでを克明に綴る。

■目次

 第1章 異変
 第2章 薬害の兆し
 第3章 厚生省研究班
 第4章 アメリカからの警告
 第5章 薬害ヤコブ病訴訟
 第6章 ドイツでの実態
 第7章 こころの叫び
 第8章 厚生省の責任
 第9章 証人尋問

■引用

■書評・紹介

■言及



UP:20080208 REV:20140212
クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)  ◇薬/薬害  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)