HOME > BOOK

『高齢者のコミュニティケア――医療を要する在宅療養者の生活の質の向上を目指して』

嶺 学・天本 宏・木下 安子 編 19991115 御茶の水書房


このHP経由で購入すると寄付されます

■嶺 学・天本 宏・木下 安子 編 19991115 『高齢者のコミュニティケア――医療を要する在宅療養者の生活の質の向上を目指して』,御茶の水書房,法政大学多摩地域研究センター叢書3,249p. ISBN-10: 4275017900 ISBN-13: 978-4275017901 3990 [amazon] ※ b a06

■内容(「BOOK」データベースより)
高齢在宅療養者・障害者にコミュニティケアを。新しいアプローチで在宅高齢者の生活の質を高めるコミュニティケアの提案と実践。

内容(「MARC」データベースより)
高齢者の地域医療、在宅ケア、老人ホームからみた医療ケア、高齢療養者をめぐるネットワークなどについて論じ、高齢者の自律を支援していくコミュニティケアの実現と、現実的課題を考察する。

■目次

医療を要する在宅高齢者の生活の質の向上を求めて
高齢者の地域医療―現状における社会的制約
医療依存度の高い在宅療養者ケアの経験から
老人ホームからみた医療ケア
三鷹市における地域医療の経験と展開
自発的な、高齢療養者めぐるネットワークの諸類型
高齢者にとってよい医療とは 天本宏
病院と地域医療―高齢者を中心に
在宅療養者へのサービス―訪問看護を中心にして
日野市における在宅ケアネットワーク―ケアの原点とはなにか
在宅ターミナルケア実現の社会的条件をめぐって
東京都保健医療計画における高齢者対策と介護保険
介護保険と医療を必要とする高齢者
米国マネジドケア下における在宅ケアの成長と多様性
結びに変えて

■引用

天本 宏 19991115 「高齢者にとってよい医療とは」,嶺・天本・木下編[1999:89-102]*
*嶺 学・天本 宏・木下 安子 編 19991115 『高齢者のコミュニティケア――医療を要する在宅療養者の生活の質の向上を目指して』,御茶の水書房,法政大学多摩地域研究センター叢書3,249p. ISBN-10: 4275017900 ISBN-13: 978-4275017901 3990 [amazon] ※ b a06

 「例えば、摂食嚥下障害、高齢者に対する栄養摂取のあり方は大きな問題である。西洋では食べられなくなったら死ぬのが当たり前という考え方であるが、日本人は、高齢者が、「どうして食べないんですか。鼻腔栄養しても死ぬんですか」と質問される場合が非常に多い。」(天本[1999:89])
 歴史的にみると、スウェーデン、イギリスなど諸外国は
 without them→for them→to them→with them
 with them:「これは、"we"(年齢、障害に区別なく人間として一緒に生きる)現在のノーマライゼーションという考え方で、障害者も年寄りも同じく、「自立」をキーワードに、できないことだけを助けることにした。ある意味では、冷たい位に徹底的に、合理的な生活支援スタイルをとることである。[…]
 いまの日本のお年寄りにとって、自我はむしろ否定されてきたわけで、自我の抑制こそ、3世代が仲良く同居生活する基本原則であった。急に「自立」が目標と言われても困って質うことは理解できる。<0092<
 我々も「寝たきりゼロ作戦」で、お年寄りをどんどん起こすようにしたが、評判は良くなかった。「起きて、私は何をするんでしょう」ということで、お年寄り自身の方向性がはっきりせず、何をしたいという意思がないことに、一番困っているのが実態である。」(天本[1999:92-93])

■言及

◆立岩 真也 200802101 「(連載・29)」,『現代思想』


UP:20061230 REV:20080114
老い  ◇介助・介護  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME(http://www.arsvi.com)