HOME > BOOK

『人はなぜ認められたいのか――アイデンティティ依存の社会学』

石川 准 19990730 旬報社,214p.


このHP経由で購入すると寄付されます

石川 准 19990730 『人はなぜ認められたいのか――アイデンティティ依存の社会学』,旬報社,214p. ISBN:4-8451-0593-4 1890 [amazon][kinokuniya][kinokuniya][bk1]
 旬報社 電話 03-3943-9911 ファクス 3943-8396

■内容説明[bk1]
異文化理解、アイデンティティ、障害者、リストラ、家族愛、などといったテーマに触れながら、人が社会とのかかわりの中で突き当たらざるを得ないさまざまな問題を、著者自身の学問や体験をよりどころに読み解いていく。

■著者紹介[bk1]
1956年富山県生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。現在、静岡県立大学国際関係学部教授。著書に「アイデンティティ・ゲーム」など。

■目次

第1章 なぜほんとうの気持ちはわからないのか。
第2章 なぜ適切に振る舞おうとするのか。
第3章 なぜ価値を証明したいのか。
第4章 なぜ女性は優しくなくてはいけないのか。
第5章 なぜ対抗文化は秩序を揺さぶれないのか。
第6章 なぜ期待されると頑張るのか。
第7章 なぜテクノ依存症になるのか。
第8章 なぜ性別を変えるのか。
第9章 なぜ引き返したりするのか。


UP:20081025 REV:20090703
石川 准  ◇社会学  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)